巨デブ・オタクがダイエットに挑む

180センチ135キロ、モテナイ、友達いない、めんどくさがり、どうしようもない巨デブが挑戦するダイエット。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局整形外科で腰痛を診てもらう

コメントで受診を勧められつつも、ぐずぐずしていた腰痛の件。
とうとう整形外科に行ってみることにした。

いつから、どんな風に痛いのか訊かれる。
レントゲンを撮ってもらう。
なんか背骨のバランスが悪いらしいが、異常はなし。
60kgダイエットしてから腰痛が出たことを話すと、
「135kg→75kg!!」とカルテに書かれる。
びっくりマーク入りのカルテ、初めて見たw
「筋肉が落ちてバランスが悪くなったのかもねえ」とのこと。

続いて、先生とは別のトレーナーっぽいお兄ちゃんに見てもらう。
理学療法士っていうのかな。
あちこちの筋肉を触られたり、あと、屈んだり反り返ったり
腰回したりするのを観察される。
どうでもいいがこの人、俺の筋肉の凝っていて痛いところを
的確にグリグリ突いてくる。北斗神拳か。破裂するのはイヤです。

この理学療法士さん曰く、腹筋と背筋が弱っていて、なおかつ
筋肉が柔軟性を失っているそうな。
それで姿勢が悪くなり、腰に負担がかかって痛くなる、と。
たしかに、言われてから気をつけてみると、俺は普段かなり
猫背気味で姿勢が悪い。
あと、物を持ち上げるときとか、すごく腰に悪そうな姿勢に
なっていることが多い。(膝を痛めたり巻き爪が痛くなったり
したときに、庇おうとして腰に負担をかけるような姿勢が
癖になったんじゃないかという気がする。)

で、腹筋と背筋を強化するための筋トレを教えてもらう。
といっても、軽めのやつだ。
ごく基本的な腹筋とか、四つんばいで片手片足上げて背筋を
鍛えるのとか。
とりあえず、5つぐらいの運動を半月程度継続するように、と。
(その後の経過を見て、また運動を増やしたりするらしい)

そういうわけで、コメントでも「ヘルニアかも」とか、色々ご心配を
かけた腰痛の件は、
「腹筋と背筋が弱ったためでした」
という、実にみっともない結論が出てしまった。面目ない。
つか、いちおう筋トレの真似事、しているつもりだったんだがww
もしかしたら、食事制限がきつすぎて筋肉が落ちた、とかも
あるのかもね。今からではどうしようもないけどww

まぁしかし、原因もやるべきこともはっきりして、気分的にだいぶ
楽になった。心なしか、痛みまで軽くなった気がするww
たとえ大したことはなくても、診てもらっておくのは悪くないね。

教えてもらった軽めの筋トレは、毎日実行中。
端から見ているとマヌケな姿勢の筋トレもあるが、いいんだよ。
誰が見ているわけでもなしww
水泳もちょびっとずつ再開。週2で1回15分(笑)とかの
超ミニマムペースだけど。やらんよりはいいでしょ。たぶん。
スポンサーサイト

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

健康診断

毎年6月頭に会社の健康診断がある。
いつもイヤで仕方なかった。ま、好きだって人はいないけど。
半日潰されるし。
「あんたはデブなので痩せなさい」って分かりきったことを
言われるために、長蛇の列で検診待ち。馬鹿みたいだ。
血圧が高いのも知ってるっつうのに。

まぁそれでも、今年はちょっと意気込んでいた。
体重はもちろん自分で把握しているから、どれぐらい
減ったかは知っている。血圧もね。
あと、血液検査もしているから、コレステロールとかが
改善しているのは了解済み。

気負っていたのは、「腹囲」と「身長」の2項目。
このふたつは、自分では測定しないからね。
腹囲はともかく、なんで身長かというと、岡田斗司夫が
何かで「ダイエットしたら身長が伸びた」みたいなことを
言っていたのを見たからだw

で、結論から言うと、ちょっと意気消沈だった。

まず身長。
去年より2mm縮んだ。ショックだ。
いや、30代後半で伸びるとも思ってないけど、余分な
負荷が減って伸びるかと思っていたんだよねww

そして、腹囲。
ぴったり85.0cm。
って、メタボリックシンドロームの第1関門突破してんじゃん。
血圧は最低の方が基準クリア(笑)しているから、あと
血液検査で何かが引っかかると、立派に患者さんだ。
(参考:http://www.uralynet.com/ms/msgl.htm
正直、腹が立つ。60kgも去年より減らしたのに。
いや、去年がそんだけ異常だったんだ。わかってるけどw
あのさ、俺のウエスト測ったおばさんさぁ、あんたが少ぉし、
メジャーずらしていたらノープロブレムだったのよ。
1mmぐらい加減しろよww
もともといい加減なもんだろ、測るときの締め加減なんて。
もしかして、ちょうどボーダーラインに乗るように測ったのか。
(↑悔しくて被害妄想的になってきた)

あと、どうでもいいけどさ、男の腹囲測るのに、おばちゃんを
配置するなよ。セクハラだろ。逆なら大騒ぎだろw

とりあえず、今現在の正式な身長も出たんで、
プロフィール直しておくか。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

巻き爪、その後

他人にはどうでもいい話だが、本人には大問題。
それが巻き爪だ。
左足の肉芽肥大→手術→今度は右足の肉芽
という困った事態の後の巻き爪の話。

結局、いつまでも右足の方の肉芽が小さくならず、とうとう
ワイヤーによる矯正を試してみることにした。
足の爪に、左右2箇所穴を開け、反発力のあるワイヤーを通す。
そのワイヤーの力で爪が引っ張られ、巻き爪が平たく
矯正されるって寸法だ。

近所の整形外科(足首の件とはまた別のとこ。
今年は診察券が異常に増えた年だった)で、左右とも
処置をしてもらう。07年12月下旬。
穴を開けられるのはちょっと怖いが、いつぞやの拷問みたいな
手術より、はるかにいいwww
多少不便なのは、靴下を脱いだりするときにワイヤーの端っこが
引っかかったりするぐらい。
あと、爪が切れない。

わりとすぐ、矯正を始めた日のうちに、爪の形が平たく
変わってくる。細いワイヤーだが、効く。
2ヶ月あまり矯正を続けて、しつこかった右足の肉芽が
かなり小さくなってきた。

その後、ワイヤーがどうなったかというと、
一旦爪が伸びて掛け直ししつつも、まだ左足の親指爪に
いるのです。
右の方は…?
爪の引っ張られているところが破れて、ワイヤーを
掛け直して、それでもまた破れた(笑)
仕方ないから、引っ張って抜いた。
ガンダムの最終回で、アムロが腕に刺さったサーベルを
引っこ抜くシーン思い出したw
それでも、掛かっている間は効果あったし、結局爪の形は
元通りに近くなった気がする。
保険効かないから、掛けるのはちょっとお金も
掛かるが、これ面白いよ。

もはやダイエットとはほとんど関係もないけどな。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

血液検査とか血圧とかの話、その後

かなり初期の記事で、血液検査の結果がえらく悪かったり、
血圧がすんごく高かったことを書いた。

で、その後の経過をあんまり書いてなかったので
書き足してみる。
07年8月に医者にかかったとき、けっこう大量のお薬を
もらうことになった。
血圧が高いのを下げる薬(2種類)、脈拍を下げる薬、
尿酸を下げる薬、コレステロールを下げる薬、計5種類。
毎朝飲む。
薬のカロリーが気になる分量だwww
つか、こんだけ色んな薬あるんだから、「痩せる薬」
ぐらいないのかよw

血圧は毎日測ることにした。
「血圧計買え」って指示がお医者さんからあったからだ。
朝起き抜けと、晩飯前に計る。
血圧の話なんておっさんのするもんだと思っていたのに。
ああ、おっさんなのか、俺w
血圧計の説明書を読むと、俺の血圧がえらく高いことが
ようやく実感できてくる。
そういやここ何年か、よく目まいがあったが、あれも血圧が
原因だったか知れんね。

1ヶ月に1回ぐらい、血液検査をする。
最初は検査結果の紙の備考欄に「強度乳ビ」って
書いてあった。
早い話、見るからに血が脂っぽいです、ってことらしい。

くだくだ数字は書かないけど、体重が減るにつれて、
血圧とか血液検査の結果とか、みるみる改善した。
08年4月現在、血圧は上125/下80ぐらい。
微妙に高いが、まぁ正常の範囲内。
ただ、まだ血圧の薬、飲んでるんだよなぁ。
もともと血圧の高い家系らしいのだが、これは今後も
注意が必要だな。
血液検査の結果は、中性脂肪とかコレステロールとか、
あと尿酸もほぼ正常の範囲に収まるようになった。
このへんはすでに薬を飲まなくても済むようになった。

つーか今、最初の頃の検査結果とか見てみると、
けっこう死にそうだったんだな俺。
そのわりに決定的な病気が出てないのは、ラッキーって
いうのか、まぁ丈夫に生んでくれた親に感謝すべきか。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

内視鏡検査を受ける

12月下旬、便秘が不安で消化器科に行ったら、
内視鏡検査即決になった話の続き。

内視鏡検査っていうのは、後ろの入り口から細い
ファイバースコープを入れて、大腸の中を直接見る、
っていう検査。まぁ普通知ってるよね。
つーか入り口じゃなくて、出口な。

前日の昼から検査食として、レトルトのおかゆとか
クラッカーとか食べるように言われる。
夕食はスープのみ。その後下剤。
あとは透明な飲み物しか口に入れちゃダメ。
明日は腹の中を見せようってんだから、きれいに
しときなさいねってことらしい。
下剤はけっこう効く。検査当日朝、計ってみると
1kgぐらい前日より減っている。
やっぱ下剤って効果あるんだ。変なとこで感心する。

検査自体は、そんなに長時間かかるものではない。
めちゃめちゃ痛がりな俺だが(そのことを事前に
伝えていたせいか、看護師さんのひとりは俺を
最初から押さえつけていた)、今回は途中までの
検査だったためか、ちょっと下痢のような感覚を
味わっただけで済む。
ただ、しこたま入り口から空気を注入されたのは、
参った。風船ってこんな気分なんだろうか。

さらに、今度は空気が入ったままレントゲン。
バリウムも注入され、一杯一杯になった状態で
ぐるぐるレントゲン台が回る。
これで内視鏡で見なかった部分を検査するそうな。

結論から言うと、異常なし。
出口付近にちょっと傷があり(使った覚えはないが)
これが血の原因では?とのこと。
ブツが細くなったり、出きらない感じがしたりするのも、
食べるものが減ったからだろう、と。
まぁ異常があったら、こんな呑気にダイエットの
ブログとか書いてはいないけどさ。

しかし、「ガンかも」って意識したときは、正直、
けっこう怖かったよ。
2ちゃんでほんとに闘病してる人のスレ見たりして。
あの人達には、頑張ってほしいと今でも思う。

ちなみに、検査食と下剤で減った体重は、
すぐ元に戻った。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。