巨デブ・オタクがダイエットに挑む

180センチ135キロ、モテナイ、友達いない、めんどくさがり、どうしようもない巨デブが挑戦するダイエット。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪華な飯はお昼にすべし

万やむを得ない事情により、他人といっしょに食事をする、という
苦手なシチュエーションに置かれることが、この半年ぐらいで
何度かあった。
で、そういうときってのは当然、それなりにカロリーのありそうな
外食になる。フレンチとか。なんか俺がフレンチって書くだけで、
気後れして違和感があって、キーボード打つ手が震えるんですけど。
かといって、カロリー計算して、残すべきものは残す、とか
やりたくないから(←そもそも計算できないくせにw)、
前後の食事を調節してお茶を濁したり、思い切って「なかったこと」
にしたりしてしまう。

で、そういうことやってる中で思ったのが、
「思い切って美味いもの食べるなら、昼に食べろ」
ってこと。
理由は簡単。
昼に重たいものを食べると、夜までけっこうダメージ…もとい
満足感が胃腸に残って、夕食を控えめにしても大丈夫だからだ。
夜重いものを食べると、翌朝食まで間があるから、満足感も
リセットされてしまってそうはいかない。
かといって、「夕食が重い予定だから、お昼は少しだけ」
ってのも、ちょっと辛いし。

まぁ何より、ランチの方が安いしなw
ヘヴィな食事はランチがお勧め。
スポンサーサイト

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

食事抜きダイエットの謎

食事を抜くタイプのダイエットがよく紹介される。
夕食抜きとか、1日1食とか。
そういうのって、以前はよく
「リバウンドしやすい、やっちゃいけないダイエットの例」
として語られていたと思うんだが、最近はひとつの手法として
確立してるんかしらん?

こないだ岡田斗司夫の出ていたダイエットの特番でも、
玉袋筋太郎が「1日1食だけ好きなものを食べる」って方法で
ダイエットしたって紹介されていた。
(どうでもいいけど、この人の名前を書いたばっかりに、
このブログがアダルトコンテンツ認定されたりしないよね?)
1日1食しか食べない代わりに、その1食は本当に食べたいものを
我慢せずに食べるという方法。けっこう効果はあったらしい。
ちなみに岡田斗司夫もその方法の利点を認めていた。
1食ではいくら食べても限度があるし、胃袋も小さくなるから
合理的だとか。まぁ本当かどうかわからんし、岡田斗司夫が
番組の空気(笑)を読んでいるのかも知れないけど。

確かに、「思いっきり好きなものを食べてよい」っていうのは
魅力的だ。
ただ、誰でも実行可能なダイエットかというと、疑問がある。
というか、俺には絶対無理だ。
1500kcal/日とかで生活していたときに痛感したのだが、
俺は長い時間の空腹はとても耐えられない。
ただでさえ夕食や昼食が遅くなるのがめちゃくちゃ苦痛で、
たまさか仕事で飯が遅くなるとめちゃくちゃ不機嫌になる。
上司と一緒にいたりすると、怒りを隠すのが大変だww
減量中も、空腹になっても途中で挫折して食べちゃうことが
ほとんどなかったのは、
「なんだかんだ言っても、あと数時間で次の飯が食える」
という希望があるからだ。最悪、寝ちゃえばいい。
それなのに、次の食事時間まで待っても飯が食えないなんて!
考えるだに恐ろしい。無理無理無理無理かたつむりだ。

よほど重い食事をしたって、空腹でない時間がそんなに
長く続くわけではないだろう。
結局、十数時間も「あー腹減った」状態で過ごさなきゃいけない。
他人事ながら、その意志の強さは尊敬する。
つーか、そんなに我慢できる意志力があるなら、普通に
食事減らして運動した方が良くない?余計なお世話ですかw

もちろん、他人がどういうダイエットで成功しようが勝手で、
実行しようとも思わなかった俺がどうこう言うこっちゃない。
それを承知の上で、すっごく不思議に思っていることを
書いてみる。
こういうダイエットをしている人って、通常の食生活に
どうやって戻すんだろう?
心ゆくまで食べる習慣を残したまま3食に戻すと、たちまち
体重も元通りになりそうな気がするんだが。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

栄養表示に頭に来た話その2

スーパーでちくわを買おうとしたときの話。
栄養成分表示(100gあたり)で表示してある。
そして内容量表示は「2本」。
どうしろと。持ち帰って秤で量れってかw
つか、2本入ってるのは見れば分かるんじゃいw

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

スイーツ脳(笑)

昼飯の時に食べたマンゴー&ホイップパン、美味いなぁ。
すっごいカロリー高そうな味するけど、193kcal。
そこそこヘビーなサンドイッチと組み合わせても、600kcalに
らくらく収まる。便利な世の中になったものだ。
これにゼリーdeゼロを組み合わせればかなり満腹…って、
俺、知らん間に、えらい甘党になってないか?

思い返してみると、食事の中に占める甘いものの割合が
ダイエット開始前より確実に増えている。
いやまぁ、ダイエット前も甘い飲み物を飲んだり、菓子パンを
食べることもあった。
けど、「昼飯に甘いパンを織り込む」なんて軟弱者なことは
しなかったはずだ。張り倒されるって。
ダイエットコーラとか、ガムとか、ゼリーとか、菓子パンとか、
そういうものが食事を浸食してきている。

理由は簡単で、甘いわりに低カロリーなものが世の中には
けっこう多いからだ。人工甘味料様々だ。
以前は脂肪を好んで食べ、かつ大量に食べ物を詰め込んで
満足していたのを、甘味で代用しようとしているわけですな。
こってりしたものの代わりに、甘いもの。わかりやすいなww
あと、アルコールを飲む頻度が減ったので、その代わりを
どこかに求めているのかも知れないね。

人工甘味料を危険視するつもりはないので、そういう食生活の
変化自体は別に問題ではないと思っている。
ただ、「甘ったるい食生活」に慣れてしまうことで、普通の、
つまり高カロリーの甘いものへとシフトしていきそうで、
ちょっと怖い気がする。ダイエット生活終了後とかね。
まぁ、それはそんとき考えればいいか。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

分割して、食べろ

ここにレトルト中華丼の具、レトルト玄米ご飯180gがある。
ちなみに計400kcal。
これをどう食べるか。

「中華丼の具と玄米ご飯を温め、器にご飯を移して、
レトルト中華丼の具を上からかけて中華丼を作る。」
常識的だが、ダイエット中のデブとしては不正解。
これだと、「物足りない中華丼」ができておしまいだから。
まぁ分量考えれば、当たり前なんだけど。

正解は、
「中華丼の具は八宝菜として別皿に盛り、おかずとして
ご飯と別々に食べる」
これなら2皿になるし、「ご飯少ないなぁ」って感想を
あまり抱かずに済む。
しかも、ご飯って汁をかけるより、ご飯単独で食べた方が
腹一杯になりやすい。噛む回数や喉ごしの問題だろうけど。

太っていたときの食べ方を思い返すと、たいてい何でも
「いっしょに」「一気に」食べていた。
丼ものはその典型だし、たとえばカレーとコロッケがあったら
(この組み合わせがすでにアレなんだが)、迷わずコロッケを
ぶちこんでコロッケカレーにしていた。
こういう食べ方で、かっこんでる時はすごい楽しいんだよなw
でも、摂ったカロリーの割に満足感が少ない。

ちゃんと満腹感を得るには、その逆をすればいい。
なるべく皿を分けて、別々のメニューにして別々に食べる。
納豆もご飯にかけて食べるのではなく、別皿で食べる。

ここまで書いて気付いた。
これ、先日のコース料理の話と一緒じゃんよ。
内容が俺の等身大の話になっただけだwww
書くことが枯れてきたんだなぁw

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。