巨デブ・オタクがダイエットに挑む

180センチ135キロ、モテナイ、友達いない、めんどくさがり、どうしようもない巨デブが挑戦するダイエット。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンナンヒカリ入りおにぎり

今頃になってダイエット食品でもないんだがw、コンビニで
見かけて気になっていたので買ってみた。
だいたい普通のおにぎりの2/3ぐらいのカロリーなのね。
食べた感想は…普通のおにぎりと、ほぼ同じといえば同じ。
ただ、なんか食感が変だ。
炊けてない米が、たくさん混じっているような感じがする。
このボソボソした感じの分がマンナンなのかな?

んー、積極的に食べたいものではないけど、
でも通常のおにぎりなら2個、このおにぎりなら3個食べられる、
という状況に置かれたら、選んじゃうかな。

でも、コンビニってやたらと商品ラインナップの寿命が
短いから、いつまで買えるかわからないよな。
そう考えると、これに頼るのは考えものだw
スポンサーサイト

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

これだけは飲もうと思わなかった

減量中も今も、週1に近いペースでちょっとお酒を飲んでいる。
たいていはビールか、焼酎を炭酸水で割ったやつ。
まぁ酒の分を200kcal台にとどめておいて、残りをつまみに
回せば、そこそこ食べでのある食事になるし。
もともと、太った原因のかなりの部分は、脂モノをビールで
流し込む習慣にあったと思われるが、それでも完全に
止めようとは思わなかったw

けど、ダイエットに手を付けたとき、これだけは飲むまい、と
ひそかに誓っていたものがあった。
低カロリーとかを謳っている、ビールもどきの類だ。

もともと、酒税を逃れるためだけにひねくり出された発泡酒が
すっごく気にくわなかった。
税金を払うのが好きな奴はいないが、だからって明らかに
味が落ちる代物を出して得しようっていうせこい魂胆が
気に入らない。しょせん嗜好品、そこまでして飲みたいか?
明らかに不味い代物を。
(発泡酒独自の良さがある、とか馬鹿な詭弁を弄する奴も
いたりするが、ビールと発泡酒と両方無料配布したら
絶対みんなビール持って行くだろ。)
それで国が慌てて税率をいじると、「発泡酒は庶民の酒なのに
課税強化するのか!」とか無茶苦茶な屁理屈を言う。
(国もたいがいマヌケなんだけど。もう一律アルコール分に
応じて課税しろよ、無駄に制度複雑化しやがってアホらしい。)
あのな、庶民は昔っからビール飲んでるの。
それで酒税が高すぎるら、ビールの税率を下げさせろよ。
なんで「貧乏人は代用ビール飲んでろ」みたいな理屈を
展開するんだ。つーかそれ、庶民、馬鹿にされてるだろ。
昔大問題になった「貧乏人は麦を食え」ってのと同じことを
言われてるんだぜ?それも偽ビールを造ってる当事者からw
制度の盲点を突いて、その制度の盲点を既得権益化しようという
あさましい魂胆の言い訳に、「庶民」を持ち出すな大企業様が。

つーか国は、せめてビールの類似品からは、ビールと同じ
税金を取らんかい。なんで姑息な税金逃れの偽酒作った奴が
おいしい思いをしてるんだ。そんなことだから脱税されるんだよ。

話が大幅に脱線したがw、そういうわけで、ただでさえ目障りな
発泡酒の、さらにみみっちいダイエット仕様なんてイヤだった。
じゃあダイエットコーラはどうなんだ、ってツッコミが入りそうだが、
なんつーかソフトドリンクは、飲むこと自体が目的ではないのね。
でも、ビールを飲むときは、ビールを飲むことが目的なわけ。
その目的自体を代用品にしちゃったら、もう何のために飲むのか
わかんなくなっちゃうわけ。行為自体が無意味になる。
…あーそうです、もう詭弁でいいです。話進めるよ。

いかに低カロリーって謳ったって、どう転んでもアルコールは
入ってるんだろ。カロリーがなくなるわけでもない。
そんなもの飲むより、半量のビールをおいしく飲んだ方がいい。
俺は、ビールが、飲みたいんだ。
それともアレか?
「アルコールは『エンプティカロリー』だから、お酒飲んでも
太らないよ!」って信じてるような人に、「糖質ゼロ」とかいう
キャッチフレーズで付け込もうってのか?
そういう意味じゃないだろ、「エンプティカロリー」ってwww

そんで、実はこないだ、ちょっとした成り行きで、その
ダイエット発泡酒(笑)を1缶飲むことになったんだが…
やっぱり不味いわ、これ。何だこのスカスカな味。
ビールに入っているアルコール以外の成分ってのは、
さすがに無駄じゃないのなwww
あのね、俺ビールの銘柄による味の違いなんて到底わからん
味音痴だけど、それでもこれは不味いって断言できるよ。
1週間楽しみに待った晩酌でこれが出てきたら、泣くよ?
飲んでみての俺の結論。
酒造会社はこんな偽物作ってないで、ちゃんと本物のビールの
税率下げる方に全力でロビー活動してくれ。
ビール好きのデブ同志達よ、取り戻せ、誇りを。
おまいらが愛しているビールとは、こんなもんじゃないだろう。

んー、ことさらビールに思い入れているつもりもなかったのに、
思いっきり興奮した長文になっちゃったな。
実はすごくビールを愛しているのか、俺。
たまに焼酎を炭酸割りで飲んでいるくせにwww

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

で、一生続けるの?

もうdat落ちしているので話題にするが、2ちゃんダイエット板に
ダイエットブログをヲチするスレがあった。
で、このブログも(どこで目に付いたのか)俎上に載って
貶されたりしたわけだw
中でもちょっと堪えたのは、
「カロリー計算もいい加減だし、一生コンビニでカロリーの
わかっているものを買うしかないね」
という評。
じゃあ、みんなすっごく厳密なカロリー計算してるの?
とか、そういう混ぜっ返しは置いておいてだなw
まぁ実際、一生、死ぬまで、毎食毎食、カロリー把握してくのか?
って、ちょっと考えてしまうぐらいのインパクトはあったww

リアル生活でもね、ちょっと職場で回ってきたお菓子を
遠慮したりすると、
「えー、まだダイエット続けてるの?ずっと節制すんの?」
って、哀れむように見られたりする。そんな目で俺を見るな。

で、考えてみたんだが、別にカロリー計算続けようがやめようが、
コンビニ頼みの孤男食生活がそうそう変わるもんでもないよな。
単にカロリー見る手間をかけるかどうか、ぐらいの差だ。
じゃあ、別にいいじゃん。一生このまんまですよwww
コンビニっつうもんが社会に存続する限りは。
とりあえずは現状の方法で。
死ぬまでそのまんまかも知れないけど、数十年ぐらいのことだしw

あー、一生孤男として生きてくのか?っていう別のテーマが
のしかかってきてしまったwww
そっちについてはまだ考え中です。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

寮飯をこっそり計る

相変わらず、寮の朝飯はちゃんとカロリー計算してない。
計算してないまま、とりあえず1食600kcalと見積もっている。
たいていご飯におかず一品とサラダ、それに味噌汁という
組み合わせなんだが、ご飯を200g盛っていれば、まぁ大体
600kcalになんじゃね?ってのが、大ざっぱにカロリーを
何回か計算してみての結論だ。
問題は、飯をちゃんと200g盛っているかどうかだ。
いや、もちろん厳密に200gを追求する必要はない。
心配なのは、「だんだん慣れて増えてきちゃう」ことだ。
正直、減量中の、「150g盛りつけなさい」ってミッションは
けっこうブレも少なくクリアしていた自信がある。
実家で練習したからw
が、いかんせん応用が利かない人間だから、200gになると
急に自信がなくなる。

…考えた末、結局寮の食堂にキッチンスケールを
持ち込んで、200g盛る練習をすることにした。
最近の秤は、ゼロ点補正が簡単にできて便利だなぁ。
しかし、後ろめたい。
ちびちび盛り足すならまだしも、ジャーにご飯を戻すような
羽目になったら最悪だから慎重に盛るんだが、人目が
激しく気になるwww

最初のへんは、多めに盛ったつもりでも、けっこう150gに
なってしまったりして、我ながらちょっと面白かった。
150gがそれなりに体に染みついていたんだろうか。
ボクサーが3分間の長さを体に叩き込んでいるように。
うりゃって思い切って盛ると、今度は238gとかになって、
半泣きで昼飯でカロリー調整w
だいたい200g盛れるようになるのには1週間かかった、
つーか今でもあんま自信ないw

ところでさ、吉野家で定食頼むときに、「ご飯半分にして」
ってお願いしたことがある。これが困った。
なんかペタペタと盛り方を小細工したあげく、いったん
目の前に茶碗持ってきて「これでいいですか?」って。
いや、訊かれても。普通に半分にしてくれよ。
盛りつけ量なんて、マニュアルで決まってるんだろう。
その半分盛ってくれればいいじゃん。50%を。
妙なお伺い立てて、混乱させないでくれww

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

やはり人間はトンネルに過ぎない

【注意】
食事中の人は、今回の記事読むの、ちょっと待ってね。
つーか、飯食いながらダイエットブログ読む人おらんだろ。








ダイエット開始以来、ずっと悩まされ続けてきた「出る物が出ない」
という問題。
やはり結局は、「入ってこないのに出てくるわけがない」という
結論に集約されるようだ。
減量中はずっと週1とかそれぐらいのペースだったが、2200kcal/日
に引き上げてから、かなりペースアップした。回数、量ともに。
やっぱり、出てくる分量は投入量に密接に関係している。
そりゃそうだ。「ガリバートンネル」じゃあるまいしww

やっぱり人間はトンネルに過ぎないんだなって深々納得したのは、
こないだの野外イベント2日間で暴飲暴食したときだった。
いや、快調だったんだこの期間は。ほんと、1年半前を思い出した。
ずっと俺のターン!状態。誰のターンだ。
もちろん、暴飲暴食キャンペーンが終わったら、俺のターンも
終わったんだがww

だからだな、ダイエット中で便秘に悩まされている人も、そんなに
心配することはない。と思う。
あくまで、食事の制限に伴う一時的なものだから。
まぁ、一時的なものだと分かっていても、正直気持ち悪いけどねw

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

08年8月上半期の経過

試みに(?)2日間好き放題に飲み食いする。
このため体重は一時的に増えるが、ほぼ元の水準まで戻る。

体重・体脂肪率
73.6kg→73.4kg
15.6%→14.1%

食事
おおむね2200kcal/日をキープ。
野外イベントで2日間思いっきり暴飲暴食し、その後一時的に
2100kcal/日にする。

運動
整形外科で教えてもらった腰痛対策の腹筋・背筋を続ける。
水泳はイベントへお出かけしたり、プールが盆休みに入ったりで
ほぼ完全にサボり。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

松阪牛

松阪牛っているじゃない。なんかニュースとかで、1頭1千万とかの
とてつもない値段が付いたって報じられる高級和牛。
あれ、ビールを飲ませて太らせる、って話は有名だよね。
ああ、やっぱり牛もビール飲むと太るのか。
ビール腹とはよく言ったものだって勝手に納得していたんだが、
どうやらビールのカロリーで直接太らす目的じゃないみたいね。
http://www.mie-msk.co.jp/usi.html
http://www.matsusakaushi.jp/child/sodateru/index.html
むしろ、食欲増進が目的らしい。
なるほど、松阪牛って人為的に肉に脂肪が混じるように
太らせるわけだから、ある種必要以上に食べさせなきゃ
いけないわけだ。
ビールは牛に過食させるツールなわけね。なるほど。

この話を思い出したのは、こないだイベントで2日間にわたり
暴飲暴食キャンペーン
(←キャンペーンじゃないだろ)をしたとき。
いかにも高カロリーな肉類や揚げ物をビールで次々と流し込み、
しかも満腹で気持ち悪くなるでもない。
日常、2200kcal/日の生活でこんだけ詰め込んだら、確実に
胸焼けしてしまうだろう。
この原因はやっぱり、ビールだろうな。
アルコールが満腹感を麻痺させる。のみならず、ほどほどに
切り上げようという自制のタガを外す。
まぁ、俺ごときが書くまでもなく、常識なんだろうけど。
でも、こうして実際に松阪牛になってみると、効果のほどが
実感できるわww
まぁ、牛も酔って食欲のタガが外れてるのか、それともビールの
香りで食欲が増すのか、そのへんは牛本人に訊いてみないと
わからんけどな。

ところで知ってる?
松阪牛って全員メスなんだってさ。しかも処女。
…ちょっと待て。なんか、めちゃめちゃキモいぞ、俺。
事実なのに、俺が書くとキモくなるのはなんでだぜ?

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

温暖化対応カスタム完了?

気がついてみると、一年で最も暑い時期も過ぎつつある。
ここまで、俺は自分の寮で寝るときは、ほとんどエアコン無しで
窓を開けて寝ている。
これはけっこう画期的だ。去年の7月8月、エアコンつけずに
寝た晩なんてなかったからね。
以前、「寒がりになった」って書いたけど、やっぱり体感温度は
確実に以前より下がっていると思う。
俺、地球温暖化対応に改修済みだ。

つーか、エアコンにすっげー弱くなったw
「エアコン効き過ぎで寒い」って苦情言う人が、以前は
理解できなかった。
だって、あんたらは1枚余計に着ればいいじゃないか。
こっちはそう簡単に脂肪を脱げないんだから、調節できる
あんたらが合わせてくれ。そう思っていた。
なるほど、エアコンで寒いってこういう感覚か。

一方で、ほんっとに暑いっていう状況に置かれると、
やっぱり暑いねw
直射日光でガンガンに炙られるような状況だと、デブ期と
あまり変わらない気がする。
えーと、あれかな。脂肪の装甲が薄くなって、太陽熱が
体の芯に届きやすくなったのかなw
汗の量はさすがに減ったとは思うんだがw
そういえば、洗濯機に入れておいた洗濯物(洗う前の)が
あまり「発酵」しなくなったな。気持ち悪い話で済まない。

ところで、この体感温度の低下、これからもずっと
続くんだろうか?それとも、体や神経が慣れると、
だんだん暑がりになっていくんだろうか?

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

羽目を外してみた話 その2

2日間の野外イベントで暴飲暴食した話の続き。
この実験(笑)の最後の、そして最大の興味は、
「元のカロリー枠をはめた生活に戻せるか」
という点。
これが一番心配だったww
多少太り直しても、また減量すればいい。
が、暴飲暴食に味をしめて生活が崩壊したり、やる気が
失せたりしたら、もう立て直せないんじゃないかと。
自分の意志が弱くてへこたれやすいのは、自身がよーく
知っているからねw

イベントにかこつけ、最後の夜まで意地汚く飲み食いした
その翌朝。目を覚ました俺は、ちょっとだけ胃腸の声に
耳を澄ませてみた。
…うむ、普通に腹減ってるね。特に胃もたれとかも無し。
2日も好き放題飲み食いしたら、胃腸がダメージ受けたり、
あるいは体が自律的に摂取カロリーをコントロールしようと
食欲を喪失させたりするんじゃないかと、どこかで期待を
していたのだがw
イベント中の摂取カロリーなど、恐ろしくて計算する気にも
なれないがw、どう考えても通常の3倍は摂ってるだろう。
にもかかわらず、翌日には平常通りの食欲だった。
強健な胃腸のおかげと考えるべきなのか、脂肪脳の
頑固さを嘆くべきなのかww

一方で、特に恐れていた「食生活の崩壊」もなかった。
何事もなく、600kcalと見積もった朝飯をいつも通り食べ、
昼夜と間食でどうカロリーを配分するか楽しく頭を悩ませる。
脱線&転覆をすることもなく、軌道を戻せた。
まぁ、体重が増えることぐらいは予想もできたし、あらかじめ
「2日間限定でやるぞ」って覚悟を決めていたからね。

白状すると、イベント後の体重増を見て、ちょっと小細工を
弄しているw
一時的に、摂取カロリーを2100kcal/日にしたのだ。
まぁ、もともとのカロリー計算が、100kcalの差異をちゃんと
把握できているかと問われると困るんだがw
あと、水泳もなるべく行ってフォローw
とりあえず、数日かけて体重は元の水準に戻りつつある。

ふむ。
今後、似たような生活の脱線があったとしても、軌道修正は
できそうだ。ちょっとだけ、自信付いたかなw
よーし、来年も同じイベントに出かけるかな。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

羽目を外してみた話 その1

先日、「この夏、野外イベント2日間でリバウンドしちゃうぞ宣言
を出したわけだが、実際どうだったのか楽しみに心配して下さる
読者諸兄もおいでのことと思う。
野外イベントでビールやつまみを2日間好き勝手に飲み食いし、
元に戻れるのかの人体実験。その結果?をお知らせしよう。

最初の興味の対象は、
「去年同様に大量に飲み食いできるのか?」
という点。
缶ビール+高カロリーのつまみ、揚げとかフランクとか、
焼きそばとかをひっきりなしに食べるのが毎年の習慣だった。
それも、日に5食6食と食っていたからねw
果たしてダイエット後の今、同じように飲み食いしたくなるのか?
っていうか、飲み食いできるのか?

結論から言うと、あまり以前と変わらず飲み食いできたw
特に胃もたれするでもなく、岡田斗司夫の成功談みたく
食べてる途中で手が止まるでもなく。美味しかったよww
脂っこいものとビールというのは、やっぱり合うわ。
強いて言えば、前よりは満腹が少し早く来るような「気もした」。
それと、以前より少し酔っぱらいやすくなった。
もっとも、どんどん汗かくし、しょせんはビールなので、
結局次々飲んじゃうんだけどね。
これは1日目も2日目も同じだった。
まぁ、長年染みついた食習慣は根強いね。
2ちゃんダイエット板で言うところの「脂肪脳」は健在だww

そして、もうひとつの興味は、
「暴飲暴食でどれだけ太り直すか」
という点。
この前後で体重がどう推移したか、ちょっと書き出してみよう。

3日前朝 71.9kg
2日前朝 72.1kg
前日朝  73.2kg
初日朝  (計測なし) ←暴飲暴食日
2日目朝 (計測なし) ←暴飲暴食日
翌日朝  (計測なし)
2日後朝 74.1kg
3日後朝 73.6kg
4日後朝 73.6kg

…ちゃんと毎日計れよ、って見ている人がイラッと来そうだw
当日と翌日の体重、計れたらもっと面白かったろうに。
さて、単純にイベント前後で比べると、1kg強増えている。
ただ、イベント前の、暴飲暴食の影響のない時期(ちなみに
2200kcal/日キープ)でも、いきなり1kg以上増えた日がある。
たぶん水分の出入りか何かなんだろうけど。
そういうランダム?な動きががあるから、暴飲暴食の影響って、
正確なところはよくわからんのよね。

しかし、3日後の朝になってもまだイベント前の水準には
戻っていないことを考えると、確実に暴飲暴食が体重に
効いている。これは間違いないだろうww
まぁ、最低で0.5kg、最大でも1.7kg程度のウエイトアップが
あったというところだろうか。

以下続く。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

余り皮の中心でアイを叫んだけもの

たびたび書いた皮余りの話。
皮余りの問題に関しては、2ちゃんダイエット板でもよく話題になる
(つーか、スレもある)。
がしかし、
「どうしたら余るのか(≒どうしたら余らないのか)」
「余った皮は戻るのか」
という最大関心事については、どうもはっきりしたことは誰も
知らないんではないかという気がする。
各々、自分や知り合いの体験談みたいなのはあったりするが、
それぞれ主張内容はばらばらだ。
いわく急激に痩せると余る、
いわく運動で痩せると余らない、
いわく筋トレすると余らない、
いわく30代だと戻らない(←嘘だと言ってくれ)…。
率直に言うが、それぞれ勝手に、「俺の言うとおりにすれば
皮は余らないのに」って言っているだけのような気がする。
参考ソースっていって貼られるのは、200kg超からの減量とか
むちゃくちゃ極端なケースの紹介だったり。
それでいて「急激に痩せるようなことをするお前が悪い」
みたいに罵られるから、たまったもんでないww
誰が悪いかとかいう話をしてるんじゃないっつーのにw

まぁ2ちゃん以外でも、(って、少しぐぐったりしただけだが)
確たる基準というか、調査や知見はないみたいだ。
もしかして、どうやったら皮余りを避けられるか、誰も実情を
知らないんじゃないだろうか?
生活習慣病のお医者さんは、痩せ方しか知らない。
美容整形のお医者さんは、皮の切り方しか知らない。
これ、ダイエットをしようとしている人間にとっては、けっこう
困った問題だと思う。

こういう不満を漏らすと、こう言われるだろうなって予想は付く。
「自分で太ったのに贅沢言うな、お前が悪い」
「皮だけ余ってる方が脂肪も余ってるよりマシだろ」
「痩せるのがイヤならそのまま太ってろ」
「気になるなら手術でもしろよ貧乏人」
あーはいはい、全部おっしゃるとおりでございます。
別に皮に限らず、自分の体にしたことに責任を負うのは
自分しかいないってことは、承知してるよ。
俺に関しては、たとえ皮が余ろうが、減量はしなきゃいけない
状況だったわけだし。ほっといたら、死んだからね。たぶんw

でもね。
皮が余るって問題は、最優先事項じゃないかも知れないけど、
本人には大問題だよ。
俺みたいなおっさんならいいけど(それでもけっこうブルーに
なったけど)、若い女の人だったりしたら、それこそ人生の
かかった問題でしょ。(喪男らしくなく、男性差別しちゃうけどw)
大問題だからこそ、数十万だかの手術を受けようって人も
出てくるわけでしょ?
なのに、
「やってみないとわかんないね。イヤならダイエットやめなよ。
お金払えば切ってあげる。痕は残るけど自業自得ね♪」
って状況、そりゃちょっとないんじゃないの、って思うんだ。

いっさい自己責任で文句言いっこなし、で徹底されているなら
それでもいいのかも知れない。
でも一方じゃ健康診断義務付けて、ひとの体重つかまえて、
痩せろって指図してるでしょ。
それなら、皮のことだって、ある程度見通しとか、対策とか、
わかっていたっていいと思うんだ。
少なくとも、何食ったら痩せるとか、何時に飯食ったら痩せるとか
応用の利かないしょーもない知見積み重ねている研究より
よほどダイエットに取り組む人の役に立つと思うんだが。

それとも、どこかにちゃんとした皮余りと対策についての
知見があって、俺が知らないだけかな?
それでこんな力一杯わがまま長文書いているのなら、
ちょっと恥ずかしいんだが。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

冷やして食うな、温めて食え

まだ当分、冷たいものの美味しいシーズンが続く。
けど、実は甘いものをキンキンに冷やして味わうと、損だ。
冷たいものは甘く感じられないから。
まぁ、そんなことはたいていの人は経験的に知っている。
アイスコーヒーを甘くするのにガムシロップをどんだけ
ぶちこむか、とかねw
あと、イチゴなんかも冷蔵庫で冷やしてあるやつより、
常温のやつの方が実は美味い。

これは糖の甘さだけではないようで、ダイエットコーラでも、
室温で放置すると、猛烈に甘ったるくてマヌケな味になるw
ちなみにどうしてそうなるのかは、ぐぐる↓とすぐ出てきた。
http://www.d7.dion.ne.jp/~p.pica/trpm5.html

ゼリーとか飲み物とか買うと、すぐ冷蔵庫に放り込んじゃうけど、
実は冷やさない方がダイエット的にはいい。はずだ。

ちなみに甘味以外の味覚では、また別の現象が起きるらしい。
http://homepage2.nifty.com/akijazzy/coffeebreak/coffee17.html
んー、冷たいものの方がしょっぱく感じる…かな?

あー、でもさ、ビールなんかも冷やしすぎると美味くないって
よく言うけど、個人的にはやっぱり冷えていた方がいいよなw
ごめん、途中で論旨崩壊したwww

ところでこの記事読んで、ホットコーラの出てくる青木雄二の
短編読み切りを思い出した人はいないと思うが、
アレ絶対熱くて無理だよね。実際には。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

食事抜きダイエットの謎

食事を抜くタイプのダイエットがよく紹介される。
夕食抜きとか、1日1食とか。
そういうのって、以前はよく
「リバウンドしやすい、やっちゃいけないダイエットの例」
として語られていたと思うんだが、最近はひとつの手法として
確立してるんかしらん?

こないだ岡田斗司夫の出ていたダイエットの特番でも、
玉袋筋太郎が「1日1食だけ好きなものを食べる」って方法で
ダイエットしたって紹介されていた。
(どうでもいいけど、この人の名前を書いたばっかりに、
このブログがアダルトコンテンツ認定されたりしないよね?)
1日1食しか食べない代わりに、その1食は本当に食べたいものを
我慢せずに食べるという方法。けっこう効果はあったらしい。
ちなみに岡田斗司夫もその方法の利点を認めていた。
1食ではいくら食べても限度があるし、胃袋も小さくなるから
合理的だとか。まぁ本当かどうかわからんし、岡田斗司夫が
番組の空気(笑)を読んでいるのかも知れないけど。

確かに、「思いっきり好きなものを食べてよい」っていうのは
魅力的だ。
ただ、誰でも実行可能なダイエットかというと、疑問がある。
というか、俺には絶対無理だ。
1500kcal/日とかで生活していたときに痛感したのだが、
俺は長い時間の空腹はとても耐えられない。
ただでさえ夕食や昼食が遅くなるのがめちゃくちゃ苦痛で、
たまさか仕事で飯が遅くなるとめちゃくちゃ不機嫌になる。
上司と一緒にいたりすると、怒りを隠すのが大変だww
減量中も、空腹になっても途中で挫折して食べちゃうことが
ほとんどなかったのは、
「なんだかんだ言っても、あと数時間で次の飯が食える」
という希望があるからだ。最悪、寝ちゃえばいい。
それなのに、次の食事時間まで待っても飯が食えないなんて!
考えるだに恐ろしい。無理無理無理無理かたつむりだ。

よほど重い食事をしたって、空腹でない時間がそんなに
長く続くわけではないだろう。
結局、十数時間も「あー腹減った」状態で過ごさなきゃいけない。
他人事ながら、その意志の強さは尊敬する。
つーか、そんなに我慢できる意志力があるなら、普通に
食事減らして運動した方が良くない?余計なお世話ですかw

もちろん、他人がどういうダイエットで成功しようが勝手で、
実行しようとも思わなかった俺がどうこう言うこっちゃない。
それを承知の上で、すっごく不思議に思っていることを
書いてみる。
こういうダイエットをしている人って、通常の食生活に
どうやって戻すんだろう?
心ゆくまで食べる習慣を残したまま3食に戻すと、たちまち
体重も元通りになりそうな気がするんだが。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ローカロリー・ゼロカロリー食品の卒業を考える

えーとね、前にも書いたとおり、ローカロリー食品とか、
人工甘味料とか、それ自体、悪いものだとは思ってない。
むしろ、クーラー同様、科学の勝利だと思う。
自然物に比べてまったく大したことのない毒性や、特殊な
ケースの危険性を大げさに騒いで、誰かの足を引っ張ろうとは
俺は思わない。
でも、人工甘味料を使ったダイエット食品からは、だんだんと
卒業していった方がいいような気がしてきた。
なぜかというと、「カロリーを伴わない一時的な満腹感」が、
食事しながら「体の声を聞く」ことを妨げているように
思われてきたからだ。

カロリー制限の中でやりくりしていると、食後すぐの満腹感と
食後しばらく(1時間ぐらい経って、かな)の満腹感とは、
ちょっと別物であることに気付く。
典型的なのは、寒天カップ麺を食べたときだ。
アレはいったんは満腹するが、速攻でまた空腹になる。
想像だが、食べた直後の満腹感を決めているのは
胃の中の物の重さで、食後しばらくしてからの満腹感は
血糖値か何かが決めている、ってことじゃないかと思う。
例によって、個人的な憶測でしかないがw

そうすると、「食べながら体の声を聞いて適量を決める」
という今やっている修業(?)と、カロリーのないもので
舌と胃を満たして、一時的な満足感を得るっていう行為は
相反するものになってしまう。
胃の満腹感(と仮に呼ぼう)と、血糖の満腹感(これも仮称)
とのすり合わせが、できなくなるからだ。
「ほんとに満腹かな?」って自分の腹に訊いてるときに、
甘くて重量のあるもの(しかしカロリーはない)を腹に
詰め込んだら、混乱するじゃんね?感覚が。

この辺の似たような話、前にレコダイ実践中さんの記事
あったな、そういえば。
http://allabout.co.jp/health/diabetes/closeup/CU20080705A/
↑このAllaboutの記事もちょっと参考になる。
スイーツ脳じみたダイエットカテゴリーの記事じゃなく、糖尿病関連。

そう考えると、ゼリーdeゼロとかダイエットコーラとかに頼って
日常を乗り切ろうとするのは、もう卒業すべきなのかも
知れないな。
今なら、2200kcal食べられる(3食コンビニ弁当も可能なのだ。
基準が根本的におかしい気はするが)わけだから。

そんなことを、ゼリーdeゼロをペプシNEXで流し込みつつ
考える、メガデブ135であった。
↑ぜんぜん有限不実行だなw卒業はまだ先だwww

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

運動の最大メリット「もったいない」

俺は減量中、大した運動をしていない。
スローペースの水泳とか、筋トレの真似事(それでも筋肉落ちたw)
ぐらいだ。
たぶんカロリー消費の割合で言うと、食事制限より運動の方が
ずっと貢献度は低い。
巻き爪のことがあってほとんど運動してなかった時期も、
体重は減っていたしね。
はっきり言えば、運動による減量の効率は良くない。
せっせとクロールで30分泳いでも、275kcalの消費でしかない。
ここで試算してみた)
菓子パン1個食べたり、コンビニ弁当で高カロリーの選んじゃったら
あっという間に帳消しになる。
(じゃあ1時間泳げ2時間頑張れって言われそうだが、そんな根性、
あるわけないじゃんwww)

でもね、逆に、非効率でしんどい思いをして、カロリー消費の
大変さを思い知ることこそが、運動のメリットじゃないかと思う。
こんだけしんどい思いしたのに、ちょっと食べ過ぎたら、努力は
水泡に帰してしまう。なんというもったいなさ。
このもったいなさを知ったら、
「今日は運動したからがっつり食べてもいいよね♪」
なんて思えなくなるww
自分で働くようになって、お金のありがたみを知る、というのと
ちょっと似ているかもね。てんびん棒の詩ですか。

今でも、「絶対運動しなきゃダメ!」って人に説教しようとは
思わないし、そもそもそんな説教する資格はないwww
それでも、運動はしないより、した方がいいと思う。
というか、そのうち自分から「なんか運動しなきゃ、
いや運動したい」って気分になるんだよね。面白いもので。
岡田斗司夫の「いつまでもデブと思うなよ」にも、ある程度
体重が減ると、自分から運動したくなる、というくだりがある。
巨デブからダイエットした実体験の持ち人ならではの
見識だと思う。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【ダイエット】意志の弱い人ほど、長続きする

ちょっと逆説っぽく書いてみた。新書のタイトルみたいだw

ダイエットを続けるのは意志の強さだ、と多くの人が考えている。
(俺もそう考えていた。)
食事制限や運動が続かないのは、意志の弱さ故だと。
2ちゃんダイエット板で「ドカ食いしてしまいました…」って報告
している人も、報告者を責めている人も、そう考えている。
意志を強く持てば、次のトライこそ成功するはずだと。

でもさぁ、人間の意志の強さなんて、たかが知れているよね。
空手家がいくら拳を鍛えたって、鉄球が砕けるわけではない。
(魁!男塾とかなら別だが)
同様に、いくら強く決心しても、3日間しか耐えられなかった
苦行が、半年続けられるようになるわけじゃないだろう。
そりゃ、世の中には鋼鉄の意志の持ち主もいるかも知れん。
が、どう頑張っても俺がそうなるのは無理だwww

ならば、ダイエットを続けさせるものは何か。
経験上、それは2つある。

ひとつは、「楽しみ」だ。これはずっと前に書いた

もうひとつは、「惰性」だ。
いったん習慣になったものは、なかなか止められない。
毎日、決意も新たに取り組むのは疲れる。
それより、なんとなく昨日と同じことをしている方が楽だw
「ダイエットを、習慣にする」。
うん、カギカッコ付きで書くと、雑誌の見出しみたいだw
岡田斗司夫のレコーディングダイエットなんて、まさしく
この「習慣化」のプロセスだよね。

自分自身に関して言えば、1500kcalの食事制限や、
30分の水泳(これは何度か中断したが)、そして体重と
体脂肪率の計測は、やり始めてしばらくしたら、完全に
習慣化していたと思う。
期間で言うと、10日か2週間ぐらい。
このくらい続くと、やることに違和感がなくなる。
逆に、止めると落ち着かなくなるw

つまり、「頑張る」のは、それぐらいの期間でいいんでは
ないかと。それ以降は惰性だから。
逆に言うと、それだけ頑張っても習慣にならない、意志を
奮い立たせないといけないような厳しいダイエットは、
ハナから無理があるっていうことじゃないかと思う。
何時間にもわたる運動とか、腹減って仕方がないぐらいの
食事制限とかね。

意志の弱い人ほど、自分の意志の強さに頼らない。
意志の弱い人ほど、享楽的で、惰性に流されやすい。
だから、意志の弱い人ほど、ダイエットは長続きする。

…こうでも考えないと、俺みたいな惰弱マンが、目標まで
ダイエットできた理由が説明できないよな。
あー、意志の強い人がこれ読んでたら、ごめんね。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

08年7月下半期の経過

体重、体脂肪率はほぼ増減無くキープ。
整形外科で腰痛を診てもらい、「筋肉が落ちている」との診断。
軽めの運動を再開。ちょっとずつ腰痛は楽になる。

体重・体脂肪率
73.4kg→73.6kg
14.4%→15.6%

食事
おおむね2200kcal/日をキープ。

運動
整形外科で教えてもらった腰痛対策の腹筋・背筋を始める。
水泳は15分か20分、週2か週3で軽めに。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

リンド・L・テイラー

なんとなくだけどね、巨デブ期には
「標準体重まで行ったら、洋服のサイズは2Lになるはず」
って思っていたのね。それより下には、骨格からして
なりえないはずだと。
たぶん、よく行く大きいサイズの店の下限サイズが
2Lだったからなんだろうw
L以下のサイズの服というのは、俺にとっては
「この世には存在しているが、自分には関係ないもの」
だった。ペンギンとかシロクマのようなものだ。

だから、半袖シャツを買いに行って、
「このサイズだと、Lになりますね」
って言われたときは、衝撃的だった。そんなはずはない、と。
でも、着てみたらLのサイズで確かにぴったりだ。
(ちなみに、長袖だと、腕の長さの関係でLにはならない。)
なんか自分でもちょっと驚く。
2Lより下のサイズを着ることなんて、ありえたのか。

これは裏を返すと、
「骨格や筋肉だと思っていたが、実は脂肪だった」
というエリアが、意外に大きかったということだ。
自分の体のイメージが間違っていたってことねww
まぁ、俺が脂肪で脂肪が俺で、という高体脂肪率状態を、
何年も何十年も続けていれば、必然的に自己像も狂うか。
本来の俺って、思っていたより小さかったのな。

ちなみに、2LとLLは、俺のよく行く店では、ちょっと違う
ポジションになっているらしい。
2Lはキングサイズのシリーズの下限。
LLは普通サイズのシリーズの上限。
クラウンの下位グレードとマークXの上位グレード、
どっちが偉いかみたいなもんだね。違いますか。
2Lの方が、サイズには余裕を持たせてあるそうな。
これ豆知識な。枝豆って大豆なんやてー。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。