巨デブ・オタクがダイエットに挑む

180センチ135キロ、モテナイ、友達いない、めんどくさがり、どうしようもない巨デブが挑戦するダイエット。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ものぐさ孤男のPFCバランス その3

さて、その1その2とコンビニ食・レトルト食の傾向をなんとなく
見てきたのだが、これを踏まえて今後を考えてみたい。

バランスを深く考えずに、カロリーと値段だけ見て摂っていると、
タンパク質は少なく脂質が高い、という方向にバランスが崩れる。
これはその2までで確認した話ね。

かといって、毎食毎食PFCバランスまでは計算しきれない。
カロリーを合わせるのだって、俺の脳味噌じゃ一苦労なんだからw
短期的にはPFCをいちいち数字合わせしてみるのも面白いけど、
すーっとやれっていうのはキツい。
そこまできちんとは考えずに、押さえるべきポイントを押さえて
生活できれば上々かな、って思う。贅沢ですか。

重視すべき、と思われるポイントは2点。大して根拠はないがw

1.タンパク質を1食最低20g、1日で最低60g以上摂る。
2.PFCバランスで、脂質が30%以内に収まるようにする。

これをほどほどの金額で実現するのは…わりとめんどくさい。
カロリーだけの1要素で考える分には足し算引き算でいいんだが、
複数要素のバランスを考え出すと、アタマがパンクするw
いっそ、「脂質を抑える」ことをメインに考えてメニューを組んだ方が
いいのかも知れない。とりあえず脂質の少ない組み合わせを選ぶ。

んじゃ、タンパク質はどうすんの?
ノンオイルのツナ缶orササミ缶で補えばいい。
10g以上タンパク質を含んでいるし、ほぼ無脂肪だから、
これ足しておけば、バランスが高タンパク寄りにシフトする。
そのために、50~60kcal、食事に余裕を作っておけばいいのだ。
1食700kcalの予定だったら650kcalにしておいて、ツナ缶か
ササミ缶を付け足す。
あるいは、わりとタンパク質の多いカップ焼き鳥を入れとくとか。
(でも300円近くするんだよな。コンビニってちょっと買い足すと
コストが跳ね上がるよね。)

どうにも殺伐とした手法だけど(「プロテイン飲めばいいじゃん」とか
何かというと空気読まずに言い出す人と近いよな、すでに)、
手っ取り早くバランスの帳尻を合わせる方法が、それぐらいしか
思いつかないんだよw

けっこう時間かけて情報集めた大ネタのつもりだったんだが、
どうも出てきた結論が安直だな…。
まぁ、「なんでバランスとらなきゃいけないの?」って自分でも
よくわかってなかったりするんだがw、食事のたびにちょっとでも
意識していれば、何かしらいいことがあるのかも知れん。
スポンサーサイト

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ものぐさ孤男のPFCバランス その2

さて、コンビニ食やらレトルトやらを食べるたびに、食べたものの
値段とカロリー、PFCを記録していた。1ヶ月あまり。
が、考えてみたら、別にほんとに食べたものを記録する必要なんて
ないんだよなw早く気付けwww

それはそれとして、食べたものの価格、カロリー、PFC重量、
それとP/価格、P/カロリー、P/Fを表にしてみた。
PFC等一覧
非常に稚拙なまとめ方だがご容赦願いたい。

実際にはこれらを組み合わせて、600~800kcalの間ぐらいに
収まるように食べているわけだが。
時間かけて調べた表のわりには、いざ書き出すと、こんだけか…。
が、見返してみると、傾向みたいなものは見えてくる。

1.安いものには脂質がつきもの
まず、「安くてカロリーのあるもの」は、概して脂質が多くなる。
たとえばサンドイッチ。
同じような値段で、カロリーはけっこう差がある。
で、このカロリーの差は、ほとんど脂質の分量の差なのだ。
マヨネーズとか、バターとか、あと肉の脂身部分とかが
カロリーに効いてる訳なんだな。
逆に、ローカロリーで満腹感を得ようとして、サラダとか汁物とか、
あと高タンパク低脂質のおかずとか買い始めると、高くつく。

2.タンパク質をしっかり摂るのは意外に困難
いかにもタンパク質っぽい商品でも(たとえば、具入りカレーの
レトルトとか、ハムマヨサンドとか)、実は大してタンパク質は入って
なかったりする。
そして、安くタンパク質を摂ろうとすると、脂質もセットでついてきて
やっぱり脂質が多くなる。卵の黄身とか、脂身があるためかね。
あと、大豆も実は脂質が多い。
例外的に、ほとんど脂質がないのは、ノンオイルのツナ缶や
ささみ缶だ。ちょっとコンビニ・レトルト食の定義から外れるけど。
100円あたりのタンパク質としてもめちゃめちゃ多い。

つまり、1と2を合わせて考えると、コンビニで安く済ませ、
なおかつ俺の好みに釣られて肉っぽいものを選んでいると、
自然と脂質が多くなるってことだ。
実際、1食あたりでPFCバランスを見てみると、脂質が30%を
切っている食事は非常に少ない。

3.和食はわりとバランス優秀
ここでいうバランスとは、「脂質が多くなりすぎない」ということに
尽きるんだが、和食系のもの、というかご飯ものはわりと優秀だ。
小麦粉を食べる際には脂質がついて回るが、ご飯は炊いてそのまま
食べられるからね。
お寿司やおにぎりなんかは(マヨネーズ絡みでなければ)、非常に
脂質が低い。でも、パン類やこってり系弁当より、高くつく。
ちなみに、ものすごく脂質が低くてタンパク質が多いのは、
吉野家の朝定食、特に鮭定食だったりする。しかも安い。
まぁ、田舎なんで近所に吉野家なんかないんだがw

「コンビニや外食はやめなさい」「和食中心で」「自炊しなさい」って
ダイエットに関わるアドバイスとしては頻繁に出てくるよね。
減量中、こういうのがめちゃめちゃウザかった。
ヘタすると「まず生活習慣の改善だよ!」とか介入してきてなww
某合衆国みたいだ。
んなこといちいちやってられっかよ、こっちは2ちゃんやオタ趣味で
忙しいんだ。どこで飯食うかぐらい好きにさせろぉぉぉぉ、って。
でもまぁ、こうやって検討してみると、内容的には正しいのね。
問題はそれを実行できるかどうかでw

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ものぐさ孤男のPFCバランス その1

1700kcal時代2200kcal時代、2回にわたってPFC比を
軽く調べてみたことがあった。ほぼ全部コンビニ食でw
案の定というか何というか、ちょっと脂質多いよねって結果に
なったわけだがw

にもかかわらず、依然として俺の食生活は、コンビニが主軸。
んじゃ、何食べたらPFCバランスを適正に近づけられるわけ?
ってんで、ちょっと調べてみた。

で、今回はちょっと工夫してみた。
ほっとくとタンパク質は不足に、脂質は過剰になりがちだ。
ならば、タンパク質と脂質の比率を調べて、相対的に
タンパク質が多いものを選ぶようにすればいい。
あと、なんか1食あたりにかかる費用がえらい高いなと
思っていたところだった。
そこで、100円あたりのkcalや、100円あたりのタンパク質の
量も調べてみた。
対象は、自分が常食にしているようなコンビニサンドや
弁当、パン、おかずその他。

やることがいかにも遅まきっていうかさ、バランスぐらい
最初から考えろよってツッコミ入れられそうだ。
けど、実際に1500kcal/日とかで減量してる真っ最中は、
そんな余裕、ないよね。
カロリーを枠内に抑えつつ、満腹感を少しでも得よう、
ってぐらいしか、アタマが回らないwww
そんで今になってバランスとか気にし始めたわけだが、
まぁ遅すぎでもやらんよりはマシだろう。

というわけで、調べてどうだったかの結果はまた明日以降。
ちなみに1ヶ月くらいかけて調べた、わりと大ネタだったりするw

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

小ネタ集 少しだけ世の中の居心地が良くなった

痩せたけど結局モテねーよ、と日々お嘆きの俺だがw、
日常こまごまとしたことが、ちょっと便利になったり、
少しだけ世間の居心地が良くなったりしたこともある。
そんな小ネタを少しだけ並べて、自分を慰めてみる。

・正座
巨デブ時代には、正座がうまくできなかった。
脚が痺れるとか以前の問題で。
腿にもふくらはぎにも脂肪が巻いているから、脚がきちんと
折り重ねられないんだ。雑に折った新聞みたいになる。
本人は正座しているつもりだが、端から見ると立て膝状態。
これが普通に正座できるようになったから、改まった席で
ちょっと便利になったな。
膝がもろいから、できれば避けたいのは相変わらずだけど。

・和式トイレ
ファーストガンダムではシャアが赤いモビルスーツにしか
乗らなかったように、(ジオング赤くねーじゃんとか言う人
いるけど、あれはモビルアーマーなんです残念でした♪)、
以前の俺は、個室は洋式トイレにしか入れなかった。
しゃがむとバランスが取れなかったためだ。
バランスを取ろうとすると、射程が長くなって照準が
定まらなくなる。そして大惨事が起きる。
ところが、ある日差し迫った状況に気がついたら、和式でも
どうにか事態を打開できるようになっていた。
今でも選べる状況なら洋式を選ぶけど、少なくとも
選択の余地ができた。

・人とすれ違う
狭い歩道とか、お店の通路とかで、他人とすれ違うのが
楽になった。
前はね、こちらはすれ違えると踏んで通っても、向かい側から
来る人は、わざわざ待っていてくれたりしたんだよなwww
便利といえば便利だが、居心地はよろしくない。
逆に今は、こちらが「すれ違うのは無理」と思っていても、
人が向こうから突っ込んできたりする。そして、すれ違えてしまう。
ちょっと自分自身の車幅感覚が、うまく取れてないようだw

・並べられた椅子に座る
前にプロレス会場の話を書いたけど、狭いところに詰めて
座らされる機会は田舎でも案外多い。
会議室が狭くて参加人数が多いときとか、飛行機とか。
映画館なんかだと、前はとにかく両方の肘掛けを
取っちゃっていた。何も俺が図々しいからではなくてw、
物理的にどうしてもはみ出してしまうからだ。
それで横の人が迷惑そうな顔をするのがイヤで、
わざわざ「通路側の席」なんてシネコンで指定したっけ。
こういうときに、あまり遠慮しなくてすむようになったのは
ちょっと嬉しい。
つーか声を大にして言いたいが、遠慮してたんだよホントに。
とてもそうは見えなかったと思うけどw

・服がワゴンセールで買える
LLサイズまでの服や下着は、紳士服店のワゴンセールとかで
買える。これが安い。ふだん着るものはかなり間に合うし。
世間の連中は俺らデブから搾取しながら、自分たちはこんなに
安く衣料を調達していたのか。
「オシャレするようになりました!」じゃなくて、「安くなりました!」
ってのが、なんか哀しいが。

こうして並べてみると、けっこう状況改善してるじゃん、俺。
あんま落ち込むことないかもよ。例えモテなくても。
(って書いて、また落ち込んだ…)

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

08年10月上半期の経過

9月下旬のリバウンドしかけた生活からペースを戻す。
腹筋背筋の筋トレを増やし、ダンベルを使った腕の筋トレ開始。

体重・体脂肪率
74.6kg→72.7kg
15.4%→15.6%

食事
平常日はおおむね2200kcal/日をキープ。

運動
整形外科で教えてもらった腰痛対策の腹筋・背筋を増やす。
ダンベルを使った腕の筋トレを週2回のペースで始める。
水泳は平均週2~3回、軽めに1回30分ぐらい。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

カロリーを見ずに暮らせるか?

いちおう、1日の摂取カロリーの目安を定めた生活を続けている
(少なくとも平常日は)。
けど、相変わらず、カロリー計算は自分ではできないw
1品ずつ材料と分量見積もって…とかは無理だし、結局俺は
岡田斗司夫みたいにスカウターを装備することはできなかった。
探求心が足りないのか、記憶力が足りないのか、まぁ両方か。

だがその一方で、カロリー表示のない、社食や定食屋の飯を
食べることが増えた。
そこで、カロリー計算できないなりに、俺基準(笑)を設定して、
それに従ってカロリーを超大ざっぱに見積もっている。
以前から、寮の朝飯は最初っから500kcalないし600kcalって
決めつけて計算してるし、まぁそれの拡張版みたいなもんだ。

↓こんな感じね
・ヘルシーというかカロリー低そうだけど、物足りない 700kcal
・ことさらカロリー高そうなものもなく、ご飯の量も尋常 800kcal
・揚げ物や肉、脂が多そう、飯大盛り等でちょっと重い 900kcal
・ボリューム満点っぽい 1000kcal

吉野家の定食のカロリーとか、コンビニ弁当のカロリーとかと
引き比べても、そうそう大きくは間違ってないだろうと思う。
コンビニ弁当を睨んでカロリーを推定してみる、という遊びでも、
最近はかなり的中するようになってきたしww
自分でも笑えるのは、こんないいかげんな見積もりと、1kcal単位の
計算とを混在させているところだ。有効数字とかどこ行ったww

しかし、ここまで大ざっぱだと、もうカロリー計算せずに過ごすのと
大差なくなっている気がする。
ならばだ。
いっそ、1週間ぐらい、もうをカロリー見ずに過ごしてみるか。
もちろん、体重は計測を続ける。気が小さいからw
それでよしんば体重が増えてきたら、また2000kcal/日とかに
戻せばいい。

おお、ぐだぐだ書いていたら、なんかできそうな気がしてきたよ。
でも、やってみようと思ってから実行してみるまで、またタイムラグが
できるんだろうなぁ。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

>悩める主婦さんへ

10月10日付けの記事にいただいたコメントへの返信です。)

…うーむ、1年ちょっと前にはほぼまったく同じ体型だった自分が
言うのも何なんですが、ほんとにご心配でしょうね。
自分は心配してくれるような伴侶を持ったことがありませんが、
実家に帰るたびに、家族に似たような心配をさせていたと思うと、
胸が詰まります。

「ダイエットを始める気になる、手を付ける」というのは、一番
難しい部分だと思います。
いったん手を付けて、「あ、俺痩せられるじゃないか♪」って
手応えが得られれば、あとはどうとでもなります。
動き出すまでが、大変なんですよね。

どこまでご主人にあてはまるかわかりませんが、自分の経験を
思い返しながら書いてみます。
ほんとのところ、自分も、どうして今回はダイエットが始められたのか、
どうして続いたのかよくわかってないので、偉そうなことを言う資格は
ないんですがw

「太った人」というのは、楽天家というか、無神経の代名詞みたいに
思われてますが、実はとてもナイーブな生き物です。
しじゅう、周囲や世間、マスコミから直接間接に嘲笑されたり、
叱られたり、「痩せろ!」って指図されたりしているからです。
「だって、本人の不摂生で太ったんでしょ?自己責任でしょ?」
その通りなんですけど、だからといって、日々周囲からの重圧を
感じて生きていくのは、やっぱり愉快なはずがありません。

だから、太った人は、自分の不摂生を指摘するような相手には、
自分を守るために、攻撃的になります。
そして、自分の殻にこもって(それはひたすら食べるということです)、
周囲の言うことを聞くまいとします。何を言っても敵視します。
周囲の人にとっては、「相手のためを思って言ってるのに、何か言うと
逆ギレして手に負えない」という、困った状態です。
本人も、痩せなきゃいけないのは、承知しているんですよね。
わかっているからこそ、言われると腹が立つ。
自分の欠点を言い立てる(ような気がする)相手にも腹が立つし、
わかってるのに言われてしまう情けない自分自身にも腹が立ちます。
中学生が、親に「勉強しなさい」って言われると、ものすごく反抗的に
なりますが、それと同じようなもんです。
「いい年して子供じゃあるまいし…」って呆れてしまうような話だけど、
本当に、そういう心理状態なんですよね。

そういう人に、愛のムチだとか叱咤激励だとか、効果はありません。
(本当に刑務所か軍隊にでもぶちこめば、別かも知れませんが。)
悩める主婦さんもすでにご承知の通り、「本人が」やる気になることが、
キモですから。

じゃあ、何がやる気を出させるのかというと、ひとつは
「褒めてもらうこと」だと思います。
経験上、褒められるのは、すごく効きます。
愛情のある相手なら、なおさらです。
「現状、何を褒めればいいの?」
って思われるでしょう。
でもたぶん、これまでも、ご主人は何か痩せるためのトライを
されていると思います。
もし、そういう場面に出会えたら、とりあえず褒めて、
「そうやって頑張っているのを見ると、私も嬉しい」っておだてる。
どんな小さなことでも、何か成果が出たら、
「頑張った甲斐があったね♪」って、ご主人の手柄にする。
たとえ、やり方がちょっと間違っていたり、もっと努力の余地があると
思っても、責めずにおだてる。
あくまで、「あなたが自分の意志で頑張った」というスタンスを崩さず、
自信を持ってもらう。褒める方が大変だとは思いますが…。

もうひとつ、「ちゃんとやる」ことをいきなり目指すより、できることから
ちょっとずつ手を付ける、というのも、大事なポイントのように思います。
たとえば、食事も運動も万全にがっちり決めるとか、
あるいは、目標体重を決めて「あと~kg」って宇宙戦艦ヤマトみたいに
カウントするとか。
さらに、「~月~日までに~kg痩せる」ってプランを立てるとか。
もう、考えただけで息が詰まりますよね。
ナイーブになっている太った人にとっては、それこそ敷居が高すぎて
最初から手をつける気がなくなります。
(自分も60kg減量しましたが、ダイエットを始める前どころか、かなり
減量するまで、そんな減量が本当にできるとは思ってませんでした。)
やってみたいこと、できそうなことからして、それで成果が出れば、
ダイエットが面白くなります。そうなれば、もっと色々やってみようと
欲も出てきます。

もし何かひとつだけ、あなたから提案してやってもらうとしたら、
体重計(今の体重を計れるもの)を買って、毎日体重を記録する、
というのはどうでしょうか。
とにかく毎日体重計に乗って、書き留める。それ以外は何も求めない。
昨日より、あるいは1週間前より減っていたら、ここぞとばかりに
悩める主婦さんが褒めたおす。
(仮に増えていても、「そういう日もある」で済ます)
ダイエットに取り組むなら、体重計は必ず長いお付き合いになるので、
新たに買ってもそうそう損にはなりません。
それに、体重の記録自体が、あとあと大きな財産になります。
具体的に食事をどうするとか、運動をどうするとか、そういうことは
後からいくらでも追加したり変えたりできますから。

ダイエットしなさいって言われて腹を立てるということは、どこかに
「やる気」を持っているということだと思います。
そういう人が、いったん「やれる」という自信を持ったら、きっと
うまく行くと思います。

本当はコメント欄で返事するつもりだったのですが、長文になって
しまいましたので、記事にさせてもらいました。
余談ですが、自分自身ももこれを書いていて、ずいぶん周囲に
励まされておだてられてダイエットしてたんだって、気がつきました。
ひとりでダイエット成功したみたいな顔して、偉そうにブログまで
書いてるんですけどw

答えになっているかどうかわかりませんが…健闘をお祈りしています。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ようやく、少しだけ筋トレに踏み込む

前に「ちょっと筋トレでもしようかな」と書いてから、結局また
時間が経過しているという、相変わらずのグズっぷりw
だが、10月に入ってようやくダンベルを手に取る気になった。

目標はとりあえず、腕の見た目を多少なりとも太くすること。
というわけで、このサイトを参考にしながら、
・力こぶの部分の「コンセントカール」
・前腕の部分の「ダンベルカール」
・二の腕の部分の「ダンベルプッシュ」
これを3セットずつ、写真の見よう見まねでやってみる。
「そんだけかよ」「他にもやれよ」って言われそうだが、
まぁ、できることからってことでw

ちなみに10kgのダンベルというのは、2.5kgのシャフト、
1.25kgの錘×2、2.5kgの錘×2で構成されている。
だから段階的に、2.5kg→5kg→7.5kg→10kgと変えられる。
あ、常識ですか。すいませんでした。
トレーニングの間隔は2~3日空けた方がよさそうだ。
ってことは週2回か。まぁ、週末にオタ趣味で出かけたりしても
何とかフォローは効くね。

楽しいのは、軽く筋肉痛になることだ。
「おお、効いてるのか」
って。いや、軽い筋肉痛では、まだ負荷が足りないのかな?
まぁいいや。

整形外科で教えてもらった、腰痛対策の腹筋とか背筋の運動。
これも、2ヶ月ぶりに行って、理学療法士さんに
「続きどうしたらいいんすかねぇ」って訊いたら、新メニュー追加。
今度は、あおむけに寝て、脚を水平に開閉するのとか、
寝転がった状態で肘と膝を合わせるのとか。
さらに、従来の分のメニューも増量。
なんか、前の2倍ぐらいのトレーニング量になった感じだ。
いやね、漠然と「1.2倍ぐらいに増やされるのかな」とか思ってたんで、
正直これはきついっすwいきなり倍かよw
朝、これまでより10分早起きしないと、間に合わないww

そんなこんなで、もう、額に「肉」って刻印した方がいいぐらいの
毎日だ(←明らかに言い過ぎ)。
まぁ、これだけの軽いトレーニングで、代謝改善とか、皮余り改善とかの
大それた望みは持ってない。
腰痛の心配が軽くなって、見た目がちょっとでも良くなればいいな(笑)

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

人間は3日で太れる

ボクシングの亀田兄(いたねえ、そんな人)と対戦して、わけわからん
判定で負けにされた人いたじゃん。ランダエタだっけ?
あの人、亀田との試合前日の計量から試合当日で、体重が7kgぐらい
増えたらしい。しかも50kg台の体重で。ま、もともと計量の時は、
絞って絞って水分出しつくした状態だったんだろうけど。
それにしても凄い。7kgって、肉7kgと同じ重さだよ。当たり前だ。

そこまで極端な例を出してくる必然性はないんだけど、しかし人間は
太るときにはわりと一瞬で太るもんだな、と、先月後半の小リバウンドで
あらためて思った。
減らす方は、けっこう時間もかかって大変なのにな。

「カリオストロの城」で、ルパンが城の屋根に登るシーンあるじゃんね。
瓦に手をかけてえっちらおっちら登っていって、一息ついたら
ツルリンコって下がっちゃう場面。あんな感じだ。

あんま、っていうか全然根拠はないけど、なんとなく実感として、
3日続けて油断すると、ある程度尾を引くダメージが残る気がする。
(2日間までなら何しても大丈夫!って意味じゃないよww)
まー、仕方ないやね。もともと隙あらば太ろうとする体を
天から与えられているんだから。
これからも、あんま油断したらだめだよって話だ。ふぅ。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

皮余りはまだ全然進展ありませんよって話

↑いきなり結論をタイトルに書くなww
もう誰も読まないじゃんwww

一番気にしている「皮余り」だが、今のところ、改善された様子はない。
腹や尻の写真を撮ってみたが、全然、前と変わらない。
俺のデジカメには本当に申し訳ないことをしていると思う。
同じ生まれの同じ機種でも、かわいい女の子を写す人生もあれば、
オッサンの尻を写す人生もある。
(我が心の師匠・岡田斗司夫いわく、半年か1年は待てってことなので、
まだ待ってるんだけど)

ただ、実家帰ったときに、「首のあたりの皮が、前より縮んだねえ」と
女性に声をかけられた。女性って、俺の母親にあたる人なんだけどね。
すっかりオッサンになった息子の、首の皮を気にかけてくれるんだから、
カーチャンというのはありがたいものだw
まぁ、もしそれが事実だとすれば、皮は縮んできている、はずだ。
あと、「前はちょっと痩せすぎて痛々しく見えたけど、最近元気そうだね」
なんて言われた。これも女性からだ。ただし、カーチャンと同年代の。
これも、激しく願望混じりで解釈すれば、皮が縮んで、ちょっと見た目に
張りが出てきたのかも知れない。と思うことにする。

では、腹や尻の状態が、まったく改善されていないのは何故か。

〈以下仮説〉
もしかしたら、その部分も縮んでいるのかも知れない。
しかし、皮の縮むスピードっていうのは限定されている。
皮が余って、通常の105%になっている状態を考えてみよう。
この状態から、通常の102%まで皮が縮んだら、かなり見た目は
変化するだろう。
しかし、通常の200%の状態まで余った皮が同様に縮んで、
197%まで改善されたとしても、見た目は何も変わらないだろう。
つまり、皮余りのひどい部位ほど、皮が縮んだ効果は
現れにくいのだ。
〈以上仮説〉

うむ。正しいのかわからんが、理屈は通ってそうな気はする。
岡田斗司夫が「ある時期にキューッと皮が縮む」というような
ことを、Gyaoかなんかで言っていた。
これも非科学的だと思ったが、この仮説なら解釈可能だ。
急にある時期縮むのではなく、あるレベルまで皮が縮むと、
縮んだ成果が目に見えるようになるのではなかろうか。

いやまぁ、こんな仮説というか願望、いくら書いても、それで皮が
実際縮みはしないwそれは十分わかってるよw
でもさ、人間、すがる希望があった方が、楽しく生きていけるでしょ。
だから当面、これを信じて生きていくか。
もしかしたら、皮が縮むより早く歳を取っちゃうかも知れないが、
それはそれでよかろうw

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

引き戻せた…かな?

9月下旬のプチリバウンドキャンペーンから半月。
慌てて水泳を再開し、1日の摂取カロリーを2000~2100kcal/日に
してみる(平常は2200kcal)。
何とか体重は72kg台まで戻した。
一時的に上がった体脂肪率も、少しずつ落ち着いている…
と思う。これは振幅が大きくて、一概にはわからんけど。
よくしたもので、カロリーを抑えて運動すれば、体重はまぁそれなりに
落ちるものなんだな、うん。すっげー泥縄なやり方だけど。
ズボンのベルトの穴も、一時的に1コ外へずれたのが、元に戻った。

一時的にしろ、コントロールを失いかけたのはちょっと怖かったが、
操縦桿を離さなければどうにかなる、ような気がする。
その意味では、自信が付いたのかも知れない。
自信持っていい状況かどうかは微妙だがw

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

自分だけと思うな

以前、「普通の人はどんな食生活してるんだろ?」って
身の回りの人に訊いて回ったことがあった。極少人数だったけど。

その後も、機会を見つけたら、
「どうやって体重調節してるんすか?」
って、赤の他人に無礼な質問を思いついたようにかましている。
(こういう空気の読めなさ、適切な距離感のなさが孤男くさいよな。)
そうすると、案外、「実は日常生活でかなり食事制限している」
という人が身の回りにいたりする。糖尿病の境界型とかで。
訊いちゃって悪いことしたなぁ。訊かなきゃわからないんだけど。
そういう人は、いちいち厳密な計算はしてなくても、自分の
食事の大まかなカロリーは把握して、ちゃんと調節している。
(ちなみに、kcalじゃなくて「単位」っていうスケールを使うらしい)

なんかずっと、自分だけがダイエットしていて、自分だけが
維持に気を使っていて、みんなは好きに食べて体型や健康を
維持している、みたいな錯覚を起こしたりしていたが、
そんなもんじゃないのよね。
俺が最近まであまりに無自覚だっただけで、
そしてダイエットを始めてからことさらに大騒ぎしているだけで、
気を使っている人はずっと使っているのだ。
まぁ、それがわかっただけでも、ぶしつけな質問をかました甲斐が
あったというものか。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

表示に関する愚痴シリーズ キューピーマヨネーズ

カロリー表示に関する愚痴シリーズ。

あのさ、キューピーのマヨネーズって、カロリーわかんないんだよね。
サイト見ても。
あ、マヨネーズが高カロリーだってのは(油なんだから当たり前だけど)
知ってるから、「だったら食うな」とかそういうのは勘弁ね。
コンビニでお好み焼き買ったときに、このマヨネーズの小袋は
何kcalなんだってぐぐって調べてみようとしたら、出てこないんだ。
もちろん、小袋の裏にも書いてない。
ま、こういうサイトでマヨネーズの標準的なカロリーがわかるから、
実際には問題ないんだけど。

けど、カロリーハーフのマヨネーズは栄養成分がサイトに出ていて
普通のは出てないって、ちょっとズルくないか。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

楽しく暴飲暴食するために

これはひどい記事タイトルww
一応、ダイエットブログなのにwwww

9月下旬、何度か暴飲暴食繰り返したときのこと。
あのときはけっこう食った。ひどい日には、飲み会が解散したあと、
おもむろにコンビニでビール数本とつまみ(しかも脂っこいもの)を
買い込んで、仕切り直してセルフ宴会したりした。

最後にセルフ宴会した日も、やっぱりスーパーで半額の惣菜と肉を
買い込んできて、派手にヤケ食いしてビール飲んだ。
そして最後に気持ち悪くなった。もうデス&リバースする寸前。
これはかなり、みっともない事態だ。誰に見られてるわけでもないがw
自己嫌悪に陥るには十分だ。

んで、思ったわけよ。
食いたくて食ってるはずのに、なんでイヤな思いしてるのよ、俺。
少なくとも、これまで何度かバカ食いガブ飲みして、そのときは
めちゃくちゃワクワクした。やる前から楽しみで仕方なかったし、
食ってるときは幸せだった。
しかし今や、あるのは後悔だけだ。
もう楽しみでも幸せでもないのに出費するのは、つまらん。

ではなぜ、暴飲暴食がつまらなくなっちゃったのか。答えは簡単。
慣れたからだ。同じことを繰り返していたからだ。
幸福とは滝のようなものだ。問題は標高ではなく、落差である。
周囲が年収150万円だったら年収1千万は大金持ちだが、
ヒルズ族に混じれば年収1千万はゴミ貧乏人だ。
悲しいけど、比較対象がなければ、幸福は実感できないのよ。
毎日がコンビニダイエット飯なら、半額惣菜はご馳走だけど、
毎日続くとそれは「ご馳走」じゃなく、「日常」だ。
(書いてて悲しくなってきた…)

日常体重を水平維持もしくは微減でキープするのは、ちょっとだけ、
我慢が必要だ。少なくとも、これまでのところは。
シラス野沢菜ご飯より、カツ重弁当の方が食いたいし、
ダイエットコーラよりはビールの方が惹かれる。
(もちろん、日常の食事は食事で、美味しくいただいているけどね。)
でも、ちょっとだけの日常の我慢が、たまの「非日常」のセルフ宴会で
羽目を外すのを、楽しくしてくれる。
スキーのリフトに乗ってる時間のようなもんで。
そう思えば、日常を過ごしていくのも、楽になる、かもしれない。

つーかアンタ、「我慢」か「暴飲暴食」しかないんかい。
「ほどほど」という選択肢はないのか、とイライラしている人も
多いと思う。まことに申し訳ないw
でも、飲み食いでガーッと詰め込む快感が好きなのは、なかなか
変わらないのよねwww

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

08年9月下半期の経過

旅行や飲み会、そしてダイエットへの油断から生活が緩み、
暴飲暴食と運動のサボりを重ねる。
終盤、何とか生活のリズムを元に戻す。
一時的に起き抜け体重が75kgの防衛戦を突破。

体重・体脂肪率
72.4kg→74.6kg
14.9%→15.4%

食事
平常日はおおむね2200kcal/日をキープ。
だが、暴飲暴食をする日が多くなる。

運動
整形外科で教えてもらった腰痛対策の腹筋・背筋を続ける。
水泳はほとんどサボるが、終盤また20分ぐらい軽く泳ぎ始める。

その他
不摂生を反映してか、体脂肪率が上がる。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

愛は傷あと

さて、9月下旬の生活gdgd状態から、一応は立ち直った。
体重も、徐々に元の水準に戻りつつある。
あのgdgd暴食生活は、幻だったのだろうか…

しかし、羽目を外したときの刻印は、ちゃんと体に残っていた。
体脂肪率が上がったのだw
1週間単位で平均を取ると、起き抜けで0.8%、夜もほぼ2%、
体脂肪率が上がっている。
もちろんこの数字はかなり振幅があるのだが、平均で2%近く違うのは、
もう誤差ではないだろうw
本当に体脂肪が増えたのか、別の要因で数字が変わったのか
わからないが(←往生際が悪い)、何らかの変化はあったと考えるべきだ。

やはり継続的な不摂生はそれなりの傷跡を残す。
ハーロックみたいに(不摂生じゃないだろ)。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

こぼれた水は、また汲めばいい

9月下旬になって、油断から太り戻した話の続き。

75kgを超えた数字を見てしまった俺は、落ち込むというか
むしゃくしゃするというか、ちょっとやり場のない気分だった。
自分で決めたラインも守りきれなかった…俺はダメなのか…。

こういうときにするべき行動は、ひとつしかない。
「トップをねらえ!」を見るのだ。ぶっ通しで。
そんで、オオタコーチに叱咤してもらうのだ。

こぼれた水は、元には戻らない。
でも、こぼれた水は、また汲めばいい。
うむ。その通りですコーチ。
そうだ、もっぺんやればいいんだよ。

当然、ここまで見て終わるわけがない。
ガンバスター登場のシーンで涙して、
バスターマシン1号2号の合体シーンでまた涙して、
最終話でさらに涙したあげく、何のために見始めたのか
忘れてしまう。基本ですな。

とりあえず、オオタコーチのセリフに従って、初心に戻る。
えーと、2000kcal/日を目安にして、そんでぼちぼち泳いで。
腰の具合が良くなってきたから、少し泳げる時間伸びたよな。
伸びたっつっても、5分とか10分の話だけどw
どうにか、日常に戻れたような感じだ。オカエリナサイ。

ま、実際にはこんなドラマチックに立ち直ったわけではないw
(たびたび「トップ」を見返して涙しているのは事実だけど)
実際、ほんとに支えになるのは、変わった試みや演出よりも、
「これまでずっとこうやってきた」という習慣っていうか、惰性だ。
まぁ、タカヤだって毎日特訓していたからイナズマキックとか
出せたわけだし。
(どうでもいいけど、毎日やっていたら「特訓」じゃないよな。
それは日常生活だ。)
俺は特訓はしなかったが、夕飯にバカ食い無茶飲みした日も、
朝と昼はカロリー見て600kcalとかにしていた。
「夕飯でケタ外れに食ってるのに、こんなことしても意味ないだろw」
って自分でツッコミ入れていたが、あれが案外、生活を日常の
軌道に引っ張り戻す力になっていたのかも知れない。
あと、体重を計るのもね。

しかし、「トップ」も岡田斗司夫がらみの作品なんだよなぁ。
ダイエットの教本「いつまでもデブと思うなよ」も岡田斗司夫。
なんか俺のダイエットって、岡田斗司夫の掌の上だよなwww

ストーリー作りのうまい人なら、もうちょっとピンチを重ねて
引っ張るんだろうけど、現実のおっさん孤男はこんなもんですw

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

終わりの、始まり?

9月下旬は、ひと言でいうと、ボロボロだった。

旅行(珍しくオール単独行動でない)で毎晩飲み、さらに翌週末も
続けて暴飲暴食。しかも、その2週間はろくに泳いでなかった。
それでも、1週目はあまり体重には響いてこなくて、
「お、案外無茶しても維持するもんだなぁ」くらいに思っていた。
ただ、妙に体脂肪率がこれまでより高めに出る日が多かった。
でも、体脂肪率なんてそもそもいい加減で振れ幅が大きいから、
大して気にしてなかった。

本格的に体重が「来た」のは生活が乱れて2週目になってから。
飲んだ日の翌日の起き抜け体重が76kgを超えている。
ぐはぁ。ついこないだまで、72kgだったのに。
いや落ち着け。水分とか腸の内容物かも知れん。
しかし、翌日も75.7kg。自分で設定した警戒水準オーバー。
落ち着いたのは体重の方かよw
ズボンのウエストも少しきつくなる。なるほど、この部分は
わりとダイレクトに影響が出るのね。覚えておこうw

旅行だとか飲み会(これも俺には非常に珍しい出来事)だとか、
思わず痛飲したくなる出来事(これはご想像にお任せする)とか、
言い訳はいくらも出てくるのだが、まぁしょせんは言い訳だ。
去年だって同じような時期に旅行に出かけて、そのときは
ペースを乱さず減量を続けていたんだから。
昨日の記事の続きになるけど、ダイエットに飽きて弛んできた、
というのが一番正確な表現だろう。
このブログの更新も、かなり滞ったしw

何回か似たようなことは書いたけど、体重自体はそんなに
恐ろしい変化ではない。
真に恐怖すべきは、心が折れることだ。
何となく、その恐れていた事態に直面している気がする。
これまで苦痛ではなかった毎日の体重測定が、ちょっと億劫だ。
このまま、自分の体重を知るのがイヤになり、体重計が疎遠になり
ダイエットなんかまたいずれやればいいんだからって思い始め…
そういう終わりの始まりじゃないかって、落ち込んだね。
やっぱり俺は太る運命の持ち主なんじゃないか、とすら思った。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

いつまで「ダイエッター」なの?

気がついたら、ダイエットを意識し体重を記録し始めてから、
もう1年が過ぎていた。
体重目標達成(一応)からは3か月。

人間、気がついたら「将来なりたくないと思っていた自分」に
なってしまっているものだ。
子供の時分には、「サラリーマンなんてごめんだ」って、
身の程知らずにも思っていたしなw。
が、これにはなりたくない、と思っていたものがある。
それは「万年ダイエッター(笑)」だ。
食事とか運動に詳しくて、他人のダイエットにアドバイスして、
自分自身は永遠に目標未達成のダイエット中、っていう人。
(注;特定のモデルが身近にいて書いてるわけじゃない。
あくまで俺の勝手なイメージね。
まぁ、2ちゃんダイエット板の常駐者のイメージというかw)

もちろん、リバウンドを意識することは、今後一生、続くだろう。
油断したらどうなるかは、免許証の写真(2年前のものだ)で
一目瞭然だしw
それはそれとして踏まえた上で、
「ずーっとダイエットに生活のプライオリティを置きっぱなし」
っていうのは、避けたい。
死なないために始めたダイエットが人生の目標ってんじゃ、
なんか自家撞着っていうか、意味ないっていうか。
何が人生の第一目標なのかは人それぞれだけどさ。
ダイエットは生きる手段であって、目的じゃないだろう。

けど、気がつくと、なんかそうなりかかっている気がする。
四六時中ダイエットのことばかり考えている人に。
ダイエットブログの更新が一種生き甲斐になっていて。

この「しじゅうダイエットのことを気にしている状態」、
いつまで続けるんだろう。そんな疑問が湧いてきた。
早い話、ダイエットに飽きたのだ。
これは俺自身、けっこう恐れていた事態だ。

そしてこの気の弛みは、意外に早く形になって跳ね返ってきた。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。