巨デブ・オタクがダイエットに挑む

180センチ135キロ、モテナイ、友達いない、めんどくさがり、どうしようもない巨デブが挑戦するダイエット。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家計をレコーディングしてみる

この記事、岡田斗司夫「いつまでもデブと思うなよ」の
ネタバレが入ってるから注意ね。













さて、「いつまでもデブと思うなよ」の締めくくりは、
「んじゃ、レコダイのやり方を他にも応用してみよっか」
という感じになっている。
これ見て100%誰でも思いつくんだろうが、俺も例に漏れず、
「んじゃ、金銭収支のレコーディングしてみっか」って思った。
世間では家計簿って言いますね、それ。

ほぼ毎日、食事のカロリー(わからんときには適当な見積もり)を
携帯メールで自分のPCに送っているので、そのメールに
お金の出し入れも載せればいい。
勘定科目は、自分の適当に設定する。
「飲食費」とか、「住居費」とか、「体育費」とか、「オタ趣味費」とか。

やってみた感想。
オタ趣味費、凄すぎるww
とても人には見せられないwwww
確かに、家計簿付けると、無駄な出費が減るような気がする。
コンビニで割高な買い物するのを控えたりとかね。
しかし、圧倒的な「オタ趣味費」の前には、焼け石に水だw

支出自体、けっこう月によって凸凹があるので(収入は
そんなに変わらない。サラリーマンだしな)、2ヶ月や3ヶ月
記録したところで、効果があったかどうかはなかなかわからん。
ずっと記録を続けて役立てるものなんだろうけど、己の
オタ趣味費の恐ろしさを、なかなか直視できねえww
直視して生活を見直すのが、記録の意義だろうにw

まぁ、とりあえず、飽きるまでは続けてみるかな。
止めたら死ぬわけでもないし。
スポンサーサイト

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ダイエットに取り憑かれた人の悲劇…

レコーディングダイエット実践中の記事に出ていたんだけど、我が心の
ダイエットの師匠・岡田斗司夫はダイエットを再開したらしい。
「すごく痩せた人」を目指すのだそうだ。
元の記事を読んでないのに偉そうにコメントするが、大丈夫か、師匠。
そんなことする必要がどこにある。ダイエット自体が目的化してない?

憶測というか邪推だけど、ダイエット成功の快感が忘れられないのでは
ないかという気がする。
当の岡田斗司夫本人が言うとおり、ダイエットはものすごくダイレクトに
努力の成果が見た目と数字に現れる、めちゃくちゃ楽しい経験だ。
ただし、永久に続けられるわけではない。
スタート時はデブでなければいけないしw、いずれは標準体重域に
達して終わる。

でも、大幅にダイエットしたときの周りの驚きや賞賛、己が変化する
喜びってのは忘れられない。
ダイエットしたデブは体験記を書きたがる。俺もそうだがww
これは、「人にも同じ快感を味わってもらいたい」という好意とともに、
「あの快感を、書くことで追体験したい」という欲望があるのではないか。

だから、もう一度ダイエットをして、また周囲を驚かせたい、という
気持ちになったのだとしても、俺は驚かない。
岡田斗司夫が本当にどう思ってるかは知らないけど。
かくいう俺も、ひととおり知人や仕事先を驚かせた後は、なんとなく
「太っていなくて当たり前になった状態」が物足りないからww

ダイエットに取り憑かれた人の悲劇…俺も同じか…

でも、同じことをもう一度やっても、1回目ほどは気持ちよくないと思うよ。
ダイエットは(少なくとも俺にとって)人生有数の大イベントだったけど、
2回やるもんじゃない気がする。
お祭りの後は日常が待っている、そういうものだ。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

エスカレーション

ダイエットは、エスカレートする。
ほら、みんな「仮面の忍者赤影」みたいな目隠ししてるでしょ。
違うよ。それはマスカレード。

たとえば食事制限。
俺の場合、最初は深く考えてなかった。
これまでより減らせばいいんでしょ減らせば、ぐらいな感じ。
それが、摂取カロリーを考えなきゃ、って思い始め、さらに
途中で運動できなくなったら1500kcal/日にしなきゃ、って
枠を厳しくし、だんだんハードな(笑)食事制限になっていった。
まぁ、中身はコンビニやレトルトだったわけだがw
そして、1500kcalから1600kcalに、そしてさらに多めに、と
摂取カロリーを増やしていくのは、かなりの度胸が要る。

運動なんかもそうだ。
もともと「1ミリだって余分に動きたくなんかねーよ勘弁して」
っていう俺みたいな人間でも、いったん始めてしまうと
なかなか後に引けなくなったりする。
後に引けない…とか言っても、水泳20分が30分になるとか、
50m80秒かかっていたのが70秒になるとか、だがw
でも、低レベルは低レベルなりに、緩めることができなくなる。

なんか、「緩める=怠ける=退歩」みたいな感じの強迫観念が
あるんだよな。
あ、えーと、逆の表現をすべきか。もっと穏当に。
「進歩=いいこと」という価値観か。いっしょのことだけどな。
是が非でも、昨日より進歩してなきゃ無価値、みたいなの。
運動を始めた人がどんどんアスリート化していったり、
食事制限がどんどんストイックになっていったりするのも、
内なる「進歩しなきゃ衝動」のしわざなんだろう。
なんかあるよね、とてつもない努力がとてつもない成果を
生むはずだ、という梶原一騎的世界観。

しかし一方で、人間の体には適量とか限度とかいうものが
存在する。だから、やりすぎたらどこか壊れる。
ほら、毎年これ見よがせにハードトレーニングしては、結局
故障していた野球選手とかいるでしょ。
ほどほどの頃合いってもんがあるんだよね、何によらず。

でも、「ほどほど」を見極めるのは、難しい。それに勇気が要る。
「ほどほどを知る」というのは、要するに、自分に見切りを
付ける作業だからね。俺の器はこんなもん止まりですって。
「まだまだ俺はイケるはず」って思う方が、ずっと楽だ。
だから、「やりすぎちゃう人」は、これからも後を絶たないだろう。
孔子のおっさんも中庸を説くわけだ。

ま、エスカレーションする以前に挫折、っていうのを、
何回も繰り返している人間が言うことじゃないんだけどねww

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「正しいダイエット」という恐怖もしくは強迫

常につきまとう疑問がある。
「俺のやってきたダイエットは正しいのか?」という疑問だ。
「正しい」ってのは、おおむねまぁ「健康的」っていう意味合いね。
2ちゃんダイエット板とか、それ以外でもダイエットを語るところでは
似たような概念に必ず出くわす。

「正しい」ダイエットをしていないと大変だw
不健康になったり、体形が崩れたり、リバウンドしたり、皮が余ったり
拒食症になったりする、らしい。怖いですなぁ。
まぁ、「俺の言うとおりダイエットしないとバチが当たるよ」って、
みんな口々に言ってるだけのような気がしないでもないが。
さんざんそういう情報に脅されてきたせいか、それとも
よほど気が小さいのか、どうにも「俺のダイエットは正しい」という
信念が持てない。
まぁ実際、少なくとも皮は余ってるけどな。思いっきりw
腹筋や背筋も弱ってるって言われてしまったし。

後から振り返ってみると、「こうしておけば良かった」って
思うことはいくつかある。
たとえば、いきなりウォーキングから始めて膝痛めたのは
間違いだったとか。
岡田斗司夫のレコーディングダイエットの方法を先に学んで、
「助走」から始めればよかったかな、とか、
1日1500kcalまで減らさなくても1800kcalで良かった、とか、
早期からちゃんと筋トレすれば、腰痛にならなかったかな、とか。

でもさ、たとえ過去に戻って、当時の俺に「筋トレもしとけよ」
とか口出ししても、たぶん聞き入れられないだろうなw
とにかく、やろうと決めたことを守るのに一杯一杯だったしwww
間違っていたことがあったなら、後から直す。
ちゃんとした食生活ができなくなったなら、今から食生活を
正せばいい。あんましてないけどw
筋トレしなきゃいけなかったのなら、今からでも筋トレすればいい。
…言うほどトレーニングしてる訳じゃないけどw

どうせ、そうそう正しいことばかりできるわけではないのだ。
とりあえず、「それ間違ったダイエットだから!」って、
やたらと人を脅すのはやめてほしいwww

つーかね、最近、
「落ち込む→自己肯定」
みたいな話ばっかり書いてないか、俺。おめでとうメガデブ君。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

体脂肪率の謎

もともと、体重計に付いている体脂肪計は、別に脂肪を計って
いるわけではない。
体に電気を流して抵抗を測り(けっこう怖いよな、気分的に)、
あらかじめ溜めてある年齢とか身長とかのデータも参照して
「これぐらいの電気抵抗なら、こんぐらいの体脂肪率だべ」
って推定してくれるだけ。(理解が間違っていたらごめん。)
ちなみに俺の使ってる体重計は、足の裏だけで体脂肪率を
推定する、いちばん簡易なやつ。

で、ちょっと不思議なのが、最近夕方の体脂肪率の数字が
高いんだよね。1ヶ月くらい前からかな?
朝、起き抜け計測時の体脂肪率はあまり変わってない。
夕食後の体脂肪率だけが、3%か4%ぐらい上がっている。
何が起こってるんだろう?

ほんとに体脂肪率が上がっているのか。
まぁ最近、たまに羽目外して飲食するから、上がっていても
さほど不思議ではないような気がする。
ただ、それならなぜ、起き抜けの体脂肪率が変わらないのか。

起き抜けの体脂肪率が高く、夕方低いのは、夕方になると
水分が脚に下がってむくんでくるためらしい。
では、足がむくみにくくなった、ということなのか。
だとしたら、どういう仕組みでそうなったのか。

すいません、考えてもわかりませんでした。まぁいいか。
下手の考え休むに似たりって言うしな。
こういう現象もありましたよっていうとりとめのない話でした。

ちなみに半月ごとのまとめは、起き抜けの数字で書いてるので
あんまりこの怪現象は反映されてない。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「1ヶ月で成果を出せ」

遠方の知人が、「ローカル局でこんなんやっていたよ」って、
ニュース番組のダイエット特集を送ってくれた。どこがニュースだよ。
「もう標準体重なんだよ余計なことすんな」とも言えないタチなので、
一応お礼を言いつつ見せてもらう。気、弱っ。

メタボ対策教室に集まった参加者(したがってデブが多い)の
体重とかウエストをまず測定。
そして食餌療法と運動をして、1ヶ月経ったらまた測定。
まぁ非常にオーソドックスな作りの企画なんだと思う。

でも、見ていていたたまれない。
いちばん重たい参加者のオジサンは110kgぐらいあるんだが、
この人がせっせと腹の肉を揺らしながら運動する様子を
滑稽なBGMを付けてアップで映す。
ダイエットを特集すると言いつつ、実際は人をさらし者にして
嘲笑う企画だよなぁ、これ。
この人もやっぱり高カロリーの食生活をしていて、でっかい
ハンバーグをいくつも食べていたり、マヨネーズをしこたま
使ったりしている。(それ見て「美味そう…」と思うあたり、
基本的に俺もこの人と同じ人種だよなw)
この人は、ご飯+おかず+汁物の和食に切り替えつつ、
有酸素運動も命じられる。
見てると、すごい健康的だ。頑張るよなぁ。
努力の様子は、遠慮なくBGMとナレーションで茶化されるけど。

この人は所帯持ちで、奥さんもインタビューされている。
「これだけ協力してるんだから、もうちょっと成果が出ても
いいんじゃないかなー」って、ため息混じりに語る。
ちょっと待て。急にそんなに痩せるわけないだろう。
結局1ヶ月で5kg減っていたし、立派なものだと思うんだけど。
だいたいこの奥さん、他人事みたいにダンナを非難してるけど
(実際、夫婦なんて他人の始まりなんだろうけど。知らんけどさ)
さっき出てきた超ボリュームの料理、作ったのアナタでしょ。
もちろん最終責任者は食べた本人に決まってるけど、
アナタも部外者じゃないと思うよ。ちょっと腹立った。
世の中には、こんなにダンナさんを心配して心を砕いている
人たちだっている
というのに。
まぁ、作り物のテレビ番組の、他人の夫婦関係に憤っても
仕方ないんだけどさ。

しかし、100kg超からのダイエットなんて、どうやったって
半年以上のスパンでの取り組みになるに決まってるじゃんね。
なのに番組作りの都合で、1ヶ月という期限を切って脅す。
1ヶ月経ったところで、趣味の草野球で「痩せたらやってみたい」
と本人が語っていた盗塁に挑戦させたりする。
膝壊すってば。まだ100kg超なのに。

デブを笑いものにして、1ヶ月で結果出せとか無茶押しつける。
いかにも無神経で無責任なテレビバラエティの典型。
こういう番組作ってるような奴に何か不幸が降りかかったら、
それこそ指差して笑ってやるのに。

で、録画送ってくれた知り合いには、「参考になったよー」って
お礼を言った俺。リアルだと弱腰www

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

被害妄想

減量が一段落して、まぁ一通り仕事先とか知り合いとかにも
痩せたのを驚かれて、そろそろ気分も落ち着いてきた。
けど、どこかまだ、ビクついている。
今の姿の俺が本来の俺である、という確信を持てない。

最近は「で、リバウンドとかしないの?」って無邪気に
訊かれたりする。
何てこと言うのよ。
アンタね、それが恐ろしくて、そればっか気にして食生活を
組み立ててるのに。ときどきタガが外れるけど。
もしかして、何か「オチ」を期待されているのか、俺。
痩せた痩せたって自慢してやがるけど、どうせ最後に
手痛い目に遭うんだろザマーミロ、って。

たぶん相手にはそんな悪意はなくて、単に質問してみただけ、
なんだろうw
「リバウンドしないの?」って訊かれてそういう被害妄想に
陥るのは、俺自身の不安の現れなんだろうな。

ときどき、「自分が太っている状態」の夢を見る。
リバウンドした設定なのか、太っていたときの設定なのかは
よくわからない。
とりあえず、長年自分の中に定着させてきたデブの自画像は
ちょっとやそっとじゃ修正されない。だから夢に出てくる。

どのへんで、今の姿と、心中の自己像とが一致して
落ち着くんだろうか?
もう少し時間が必要なのか。
それとも、自己像は人生の早い時期に完成していて、
後はずっとギャップを埋められないのか。
なんか、皮余り問題と似ていなくもないw

とりあえず、心の自己像に合わせて実物が太り直す、
というオチだけは勘弁なww
連中の思い通りになってたまるか。(←だからそれ被害妄想)

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

マーマレードを舐めながら考えた

こないだ、知り合いから手製のマーマレードというのをもらった。
もちろん、大量に作ってみんなに配った後の、余り物だw
美味そうだ。ちょっとスプーンですくって舐めてみる。
(一人暮らしならではの真似だよなぁ、これ。不潔すぎw)
美味い。そして強烈に甘い。
「甘さ控えめに作った」とか言っていたけど、超ド級に甘い。
当たり前だ。そのまま舐めてるんだから。
マーマレードも、直接スプーンで食ってるアホに、味のことを
云々されたくはないだろうw

で、ついついもう一匙、もう一匙と食べてしまうわけだw
一休さんの水飴のエピソードみたいに。
気がついたら、瓶半分平らげていたwwwアリエナスwww
途中で、「えーい、もう朝飯はこれでいいや」って開き直って
突き進んでしまったからな。
しっかし、甘かったぁ。痺れるわw

さて。正気に戻ったところで、自分に審判を下そう。
いったい俺は、どんだけ過剰にカロリー摂っちゃったんだろう。
食べた重量は、100gというところだ。
そしてマーマレードの100gあたりのカロリーは…
高糖のもので255kcal/100g

あれ?意外に少なくない?
あれだけ集中的爆発的に甘ったるい体験したわりには。
ショートケーキ1個の方が、ずっとカロリーがある。
あ、そうか、脂質がないというのが効いてるのか。
これだと、残り半分も食べて、朝飯1食分くらいじゃんよ。
タンパク質はノンオイルツナ缶でも食べ足しておけばいい。

そんで、さらにマーマレード貪りながら考えたわけだ。
甘い物食べないとどうしても欲求不満が、っていう人なら、
ケーキや洋菓子なんか買ってくるより、ジャム食べた方が
いいんでないかい?
少なくとも、1食分のカロリーで、アンビリーバボーな
激甘体験ができるわけだから。
いや、もともと特段お菓子が好きでもないから、お菓子好きの
心境ってのはよくわからんままに適当に言ってるんだけど。
(注:血糖をコントロールしている人は、そんな無茶したら
良くないと思います。誰だって良くないけど)

しかしなぁ。
問題はマーマレードひと瓶のカロリーがどうとかより、
そんなものを丸ごと食べようという脳の方だなww
後日知り合いに「マーマレードどうだった?」と訊かれて、
無難に「うん、ほどほどの酸味で美味しかったですよー」とか
返答した俺。
さすがに、1食で舐め尽くしました、とは白状できなかったw
くまのプーさんじゃないんだからさwww

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ウエストというセンサー

前に、他の「普通の人」に、体重管理とかどうやってるの?って
訊いていたことがあった。
そんときに、「自分が太ってきたかどうかはウエストでわかる」
って返答があった。
が、俺には「ふーん、そうなのか」以上の実感がなかった。
ところが、標準体重になって、軽く太り直す経験とかしてみると、
これがわりと鋭敏に感じ取れる変化だということがわかった。
体重にして1~2kgぐらいの変化でも、「ズボンが少しきつい」
とか、「ベルトの穴がひとつ違う」とかの実感に顕れるのなw
「ウエストのきつさの実感」は、体型変化を自覚するためには
非常に有益なセンサーだ。

じゃあ、なんでデブ時代には、このセンサーがちっとも
抑制的に働いてくれなかったんだろう?w
「腹にベルトを巻いてる」んじゃなくて、「ベルトの上に腹が
乗っている」という状態だったからなのか。
腹が弾力的wで、その分変化に鈍感だったのか。
それとも、きつくなったら何も考えずにズボンを買い換え、
ベルトを緩めていただけなのか。

ところで、今のところは、ウエストがきつくなったという実感と
体重の増加とは、かなり密接にリンクしている。
これが将来、「体重は増えてないがウエストはきつくなった」
とかいう事態が来たら、落ち込みそうだなwww

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「決心」は邪魔になる

何度か書いたが、俺はグズだ。仕事でもプライベートでも。
自分でも、いいことだとは思ってない。
ダイエットを始めるのだって、ずーっと躊躇していたというか、
先送りにしていたわけで。
そこで、ちょっとでも改善すべく、グズを治すハウツー本みたいなのを
買ってきた。
買ってからかなり経つが、まだ半分も読んでない。だめじゃん。
そこで滞っていてどうすんだwww

まぁ途中まで読んだだけなのに語り出すというのもどうかと思うが、
しかし、ちょっと面白いことが書いてあった。
なまじ決心などしようとするから、腰が重くなってグズになるのだと。

そういやそうだ。
「決心しなきゃ、事態は動き出さない」
ってのは、単なる思いこみだ。
ちゃんと決心しなきゃ始められない、という先延ばしの理由になる。

一大決心を立てるっていうのは、生活をガラッと変えることを意味する。
なんかさ、映画「ロッキー」のイメージなんだよね。
早起きして玉子飲むところから始まるアレね。
生活リズムも食事も運動も、全部目的に合わせて変える。
もちろん、本当にそうできればいいんだろうけど、難しいよな。
「流されてる現状」とのギャップが大きすぎるからww
決心が立派であればあるほど、現実には手をつけにくくなる。
それに、いったん手をつけて、「やっぱ挫折しますた」っていうのも、
自分の弱さに直面させられるみたいで抵抗あるし。
で、挫折したくないから、手をつけないw
決心とか決意とか、それ自体が重荷になるんだよね。

俺含め、たいていのデブは、もともとたぶん勤勉ではないだろう。
だから、最初から身の丈に合わない決心するより、やれることから
手をつけた方がいいんじゃないかと思う。
不退転の決意とかではなく、ダメなら止めりゃいいやぐらいの気分で。
そりゃ、日常を変えるにはエネルギーは要る。
けど、全面的に生活を変えちゃう、出家みたいな決意をするだけの
エネルギーが充填されるのを待っていたら、人生が終わってしまうw

同じ理由で、「目標体重**kg!あと~kg減量しよう!」みたいなのも
個人的にはキツい。あまりに遠大で、できそうな気がしないw
ああいう目標を掲げてダイエットをやれる人は、掛け値なしに
偉いと思う。

つーか、とっととグズ解決本読めや、俺。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「THINK BODY」とかさ、考えてないでしょ本当は

相も変わらず、食事を大幅にコンビニ依存している。
ファストフードと並んで、不健康な食生活の代名詞扱いの
コンビニだが、「いかにも健康に気を使ってます」系のものを
最近よく見る。
ローカロリーのパン(ファミマとかサークルKサンクスの)とか、
あと最近は「THINK BODY」っていうブランド名で、
サンドイッチとか弁当とか展開しているのを見る。
(他のコンビニとかでもそういうのをやってるんだろうけど、
なんでわざわざこのブランド名を書くのかというと、
サークルKサンクス以外のコンビニがめったにないような
田舎住まいだからだw)

このシリーズ、PFCバランス調べたりしたときに思ったんだが、
特にバランスに優れているわけでもない。
普通のコンビニ食品だと思う。
弁当はわりとローカロリーに抑えてあるし、ご飯とおかずとで
カロリーが分けて表示してあるのは便利。
しかしサンドイッチやおかずは、ちょっと素材が目新しいだけで、
いたって普通。

しかも、商品がすぐに入れ替わっちゃうんだよ、コンビニ。
「お、これいいな」と思ったものも、1週間かそこらで見なくなる。
商品自体が生産されなくなっちゃうのか、POSだかなんだかの
おかげでいつも行く店舗には配送されなくなるのか。
これじゃ結局、日常の食事としては、アテにできない。
店に行ってもあるかどうかわからないものを、日常の食生活の
軸にしようと思うか?健康づくりの役に立てようと考えるか?
無理。その場だけ「なんか体に気を使ったような気がする」
という満足感を提供して、おしまい。

「お客様の健康を考えてます」ってのは、ただのポーズだ。
「健康に悪いものばかり売ってる訳じゃないですよ」って
業界のエクスキューズを作ってあるだけ。
Thinkとかいうけど、あんたらの方こそ考えろよって。
違うか、俺ら買う方が「考えろ」って言われているのか。
命令形で。

ちゃんとカロリー表示を見た方が、健康(笑)っぽい衣装を
まとった商品を思いつきで買うよりも、己を守る上では
よっぽど役に立つような気がする。結局、自己責任なのね。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

08年10月下半期の経過

軽くリバウンドしかけては戻すことを、性懲りもなく繰り返す。

体重・体脂肪率
72.7kg→73.3kg
15.6%→15.8%

食事
平常日はおおむね2200kcal/日をキープ。
定期的に暴飲暴食日あり。

運動
腰痛対策の腹筋・背筋をほぼ毎日、ダンベルを使った腕の筋トレを週2回。
水泳は平均週2~3回、軽めに1回30分ぐらい。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

もう定期便なのかも

10月も後半になって、また軽く身を持ち崩す。
だいたい飲むのは週1回、とペースを決めていたはずなのに、
週末のお出かけをきっかけにグダグダに。
5日のうち4日飲む、という爛れきった生活に突入ww
俺の場合、酒が好きで飲むのではなく、大食いの導入として
酒を飲むので、飲酒すなわちドカ食いを意味する。
いっとき、最近見たこともないような体重を記録するが、
まぁこれは水分や腹の内容物だw
数日でなんとなく元のペース、2200kcal/日に戻る。
体重は…やっぱり増えてるな。実質の影響は1kgちょいか。

前、暴飲暴食&プチリバウンドしたのは9月下旬。
その前に、ちょっと体重減って、ここぞとばかり飲み食いしたのが
9月の上旬。
豚肉大量に買ってきて無茶食いしたのが8月下半期。
イベントで2日間暴飲暴食したのが8月上半期。
おおむね、半月くらいの間隔で食生活が崩壊するのか、俺。
玉姫様の発作みたいなものか。
(↑なんで女性読者が減るようなことを、わざわざ言うかね)

鹿威し(竹で作った、水が溜まるとカコーンってなるアレ)みたいだ。
実はふだんの2200kcal/日という食生活は、体重の維持には
微妙に足りてないのか。
そんで、「足りないよー」という体の叫びが半定期的に炸裂するとか。
あるいは、食べ過ぎて気持ち悪くなった、という痛い記憶が、
教訓として機能する期間が半月なのかw
それとも、単に心が弱いというだけのことか。
まぁ、考えてもわからん。
とりあえず、ドカ食いガブ飲みするのは、俺にとってはイレギュラーな
出来事ではないと考えるべきだろうw
定期的にそういうことをするように風にできている、と思った方がよさそうだ。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ノンカロリーゼリーと俺のその後

こないだローソンで、ナタデココ入りのノンカロリーゼリー発見。
みかん味とパイン味。
これまで発見したノンカロリーゼリーは、ゼリーdeゼロとファミマのと、
両方マルハニチロ製品だったけど、これはたらみの製品なのね。
パイン味のが美味い。ナタデココがパインの果肉みたいだ。
つーかいきなり両方食うなよ、俺w

あと、ゼリーdeゼロの新手のやつ、ピンクグレープフルーツ風味。
これ美味しい。ちょっと甘すぎる感もあるが。
しかし、なんで『ピンク』グレープフルーツ味なんだろう。
あ、普通のグレープフルーツ味じゃ、レモンと同じような色に
なっちゃうからか。
これと入れ替わりに、はちみつレモン味を見なくなってしまったが。

さて、こんなことを書いている時点で賢明な読者諸兄は
すでにお気づきだろうが、俺はまだノンカロリー食品から
卒業できてないw
ちょっとささくれたときとか、以前ならコンビニで缶ビールと
つまみ調達して軽いやけ酒を飲むようなシチュエーションで、
今はおもむろに冷蔵庫を開けてノンカロリーゼリーを取り出す。
正直、ちょっとみっともない。買いだめとかしてる時点で、もうねww
けど、ビールよりはマシかなw
もしかして一生、こいつらと付き合うのかしらん。それでもいいか。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。